FC2ブログ

月の地震は長く続く

 
月の裏に宇宙人の基地があるかも知れない。
確かにそう思います。
なにしろ見えないから、想像が広がります。


月の地震


でも、月に基地を作るのは大変かもしれません。
何故なら、月でも地震が起こっているから。
いったん起きると、揺れが長時間続くのだそうです。

でも、考えてみればたしかにそうかも知れませんね。
地球では、海の水が振動を減衰するから、地震の揺れは短い間で収束するのでしょう。
鳴らした鐘を水に沈めると、速やかに音が消えるのと同じです。


とすると、もしも宇宙人の基地が月にあるとしたら、高度な免震構造になっているということでしょうか?
あんまり、聞いたことがないですが。 (笑)

月の裏側は、すべてのものが凍りつく世界のはずだから、きっと地球上の一般的な免震装置は用を足さないでしょうね。
ダンパーのオイルが凍って役に立たないはずです。




月の地震はマグニチュード5レベルがなんと10分間も続く
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060317_moon_quake/
2006年03月17日 16時08分50秒


10分も続いたら大抵の建造物は崩壊です、崩れ去ります。月表面に基地を作る計画、ここに来て意外な障害があることが判明です。

NASA - Moonquakes
http://science.nasa.gov/headlines/y2006/15mar_moonquakes.htm?list802911

地震はアースクエイク、月震は「ムーンクエイク」と言うらしい…RPGに出てくる魔法の呪文みたい…

で、1969年から1972年のアポロ計画では月の地表に地震計を設置するというのもやっており、77年にスイッチが切られるまでずーっと観測していたらしい。その観測データによると月には4種類の地震がある

1.700km下を震源とするモノ、重力による干満の影響で引き起こされる
2.隕石の衝突
3.月の夜というのは2週間も続くので地表が冷凍状態になり、昼間になったときに膨張をする。
その際の拡張と収縮によって引き起こされる

ここまでは軽い地震なのでほとんど影響はない。問題は次。

4.地表から20km~30kmを震源とする地震でかなり浅い

この地震はなんとマグニチュード5レベルが10分間も続くという激しいモノ
。理由は明確には分かっていないが、おそらく月を構成する物質として岩と鉄が多いために引き起こされているのではないか?というのが有力な説。つまり、リンゴーン♪と鳴り続ける金属製のベルみたいな感じで震動が減少せずに音叉と同じ原理で反響し続けてなかなか揺れが収まらないらしい。そのため、月の上に基地を建造する場合には、マグニチュード5に10分間耐えるという、地球上では考えられないレベルの頑丈な建造物でないと話にならないわけで。

どうやら月に住むのは大変なようです…


  
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

これがノアの箱舟か?

 
(半年ほど前の情報ですが)
ノアの箱舟らしき実物が見つかったのだそうです。
世界遺産として登録準備中だそうです。

場所はトルコのアララト山の標高4000m地点だそうです。
黒海とカスピ海の中間辺りです。

  (クリックで拡大、グーグルマップより)
アララト山地図


住居の跡とも見えるような、見えないような・・・。
できれば、全体像とその動画が欲しいな。




「ノアの方舟」確率99.9%で発見と探検チーム、トルコ・アララト山頂
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2722397/5676343
2010年04月29日 18:08 発信地:香港/中国

【4月29日 AFP】旧約聖書に登場する「ノアの方舟(はこぶね、Noah's Ark)」を探す中国とトルコの探検家チームが26日、方舟が漂着したといわれるトルコのアララト(Ararat)山の山頂付近で、方舟の木片を発見したと発表した。

ノアの箱舟

ノアの箱舟2

ノアの箱舟3


 トルコと中国の「キリスト教福音派」の考古学者ら15人からなる探検チーム「ノアズ・アーク・ミニストリーズ・インターナショナル(Noah's Ark Ministries International)」が発表したところによると、木片はトルコ東部にあるアララト山の標高およそ4000メートル地点で発見した構造物から採取したもの。炭素年代測定を行ったところ、ノアの方舟がさまよったとされる今から4800年前と同時期のものであることが確認されたとして、方舟のものであることにほぼ間違いないとの見解を示した。

 探検チームに参加する香港のドキュメンタリー映像作家、楊永祥(Yeung Wing-cheung)さんは、「100%とは言い切れないが、99.9%は確信している」とAFPに語った。

 発見された構造物はいくつかの部屋らしきものに分かれ、木の梁(はり)があるが、これはノアが動物を乗せた船室ではないか、と楊さん。探検チームではこの構造物について、普通の住居の残がいなどではあり得ないと結論付けたという。標高3500メートル以上で人の住まいが発見されたことは過去にないからだ。

 楊さんによると、発掘作業が完了するまで現場を保存するためユネスコ(UNESCO)に世界遺産指定を申請するよう、地元自治体がこれからトルコ政府に要請する

 旧約聖書の物語では、堕落した人類を大洪水で滅ぼそうとした神が、ノアに方舟を作ってあらゆる動物をつがいで乗せるように命じる。洪水が引いた時、方舟がたどり着いた陸地がアララト山の山頂とされている。アララト山は中東で最も標高の高い山で、同山こそが本当に方舟が乗り上げ、乗っていた人間や動物の子孫が船を降りた場所だと信じる人は多い。(c)AFP


 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

新ドル札発行、延期へ

 
<追記> 2010/10/3



この情報、額面どおりではないですね、きっと。

来年2月までに何か起きるか、それとも先送りになったのか、あるいは、新ドル札やめていきなりアメーロにシフトするか、いずれにせよ、何らかの目論見がありそうです。

時代劇でよくある筋書きですが、大泥棒はトンズラする前に、必ず最後の大仕事をするものです。
世界から金を集めるだけ集めて倒産する。
こういう筋書きでしょう。


でも、そもそも、2月までFRBがもつのかどうか。
バランスシートは、不良債権でいっぱいです。
そのうえ金融緩和して、さらにくず債券を買い込む可能性があります。

ご存知のとおり、FRBは民間の会社です。
政府の資本は入っていません。
「連邦」と名がつくため、国の機関だとみんなが騙されているだけです。

まぁ、日本マクドナルドと一緒ですね。
「日本」と名前がついていても、日本政府の資本は入っていません。
こちらを日本政府の機関だと思う人はいないでしょうが。




「紙幣にしわ」米新百ドル紙幣の発行延期

米連邦準備制度理事会(FRB)は1日、来年2月10日に予定していた新百ドル紙幣の発行を延期すると発表した。印刷を担当する財務省造幣局が、印刷された新紙幣にしわが入っているのを発見した。

 FRBは流通に必要な十分な在庫を予定日までに確保できなくなったと理由を説明。「造幣局が問題解決に取り組んでおり、できるだけ早く新たな発行日を発表する」としている。

 新百ドル紙幣は偽造防止対策で最先端技術を駆使。クレジットカードが普及する米国内での使用は少ないが、海外では最も流通している。【産経ニュース 09:42】




<追記> 2010/10/3
英語の原文見ていないので確定したわけではないんですが。
「しわ:wrincle」という単語には、別の意味もあるようです。

「うまい思いつき」だとか。
何か意味深ですね。

wrinkle [名](皮膚・布などの)しわ, ひだ((in, on ...)) smooth a wrinkleしわを伸ばす.iron out the wrinkles小さな難点を解決する.━━[動](他)…...

wrinkle [名]((略式))名案, 妙案, うまい思いつき;気のきいた助言;入れ知恵 give a person [=put a person up to] a wrinkle or two人にちょっとし...

 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters