FC2ブログ

FX市場、近日中に決壊か?

 
Walk in the Spiritさんの情報です。

為替市場に大混乱が発生しそうだとか。
予想された期限を過ぎて、日銀の介入は見られませんでした。

このダムのように、FX市場は決壊するのでしょうか?

ダム崩壊




決壊寸前のFX市場、すべての通貨が円に向かう??
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201010130000/

Bruceの記事から、
FX on Edge
Tuesday, October 12, 2010

Right now, the foreign exchange market is in a state of disarray and, as I said above, problems here inevitably work their way through the arteries to the equity market.
今や為替市場は秩序をなくそうとしている、
そして当然これは株式市場にも多大な影響を与える、

FX市場の混乱について、
David Rosenbergの警告を紹介している、

ドルとユーロが弱含み、
それらがスイスフランと円に向かっている、

ドルはQE2期待でダウン継続、
ユーロは仏/アイルランドの政情が良くない、

為替を見るなら、昨日、
ユーロに大量の投売り(スイス買い)が出た、

これはドルも同じ、

この状況下で、

The USDJPY story will be headlines in the next 28 hours. Yes, that is a long-shot call by me.

Note that I gave myself tonight and the first few hours of trading on Thursday. I have said previously that I thought the BoJ would be out until one big figure below the last intervention of 82.80.We are there and I am sticking to my view.

Should that happen it would have a short-term effect of lifting the USDJPY. It would also hit the EUR on the cross, that means the EURUSD will catch a bid and move back toward 1.40.

This would be a “risk on” development. Stocks might catch a bid in Asia on the news.

But this is a “shit in your hat” story too. If by noon in NY (on the day of intervention) the USDJPY is trading below the invention, the risk on trade turns to a “risk off” one and a fast reversal will follow. Beyond disarray into chaos.

キーはBOJ、
おそらく28時間以内(明日木曜日日中まで)に、
ことを起こすだろうと


これはドル円を一時期的に引き上げる、
又ユーロにも影響が出て、
ユーロドルは一時的に1.4回復へ、

*それ故、Bruceはドルの短期でのロングを思考中、

が、もちろん何の介入もないケースもある

If the BoJ is a no show we will have another busy day tomorrow. That scenario means money flow to JPY from all directions. My guess this would translate into demand for dollars versus Euro. That would imply a weak EURCHF cross. It took nearly a month for USDJPY to fall 1 big figure. If we have no intervention the next big figure will happen in days. Disarray (squared).

そのときはすべての通貨が円に集中するだろうと


 
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

金正男の予告

 
中国北京政府滅亡と北朝鮮崩壊とが、画策されているそうです。

いわば、ソ連崩壊とそれに続く東欧諸国の非共産化の再現ですね。
とりわけ北朝鮮は、当時のルーマニア。
チャウシェスク王朝は崩壊、大統領は処刑されました。

当時はデモが始まって、僅か1週間で革命政府は全土を制圧、10日後に大統領の拘束・処刑、新政権樹立にまで至っています。
いざ事態が動き出すと、同じような状況が再現されるかもしれません。




本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
デイビッド・ロックフェラーとジョン・D・ロックフェラー4世連合軍により、中国北京政府滅亡、北朝鮮崩壊を招くと北朝鮮・金正男が予告する
http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/135853

◆欧州ロスチャイルド当主・4代目バロンのジェイコブ・ロスチャイルドとジョン・D・ロックフェラー4世が、中国共産党1党独裁の北京政府を打倒して、欧米流の自由民主政権を樹立しようと画策している影響が、北朝鮮(英国と国交あり)にも及んでいる。北京政府崩壊、中国7分裂に連動して、金正日総書記、3男・金正恩大将が暗殺され、内乱勃発から体制崩壊というシナリオが、現実感を増している。 その最中、北朝鮮の金正男氏が、テレビ朝日記者の取材に、「三代続いての世襲はよくない。内部的要因でそう決めたのだろう。北朝鮮の国民を幸せにしなくてはならない」などと発言したことから、「北朝鮮で、一体何が起こっているのか」とさまざまな憶測を呼んでいる。


 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters