FC2ブログ

橋下知事 上海訪問へ

 
「しょうがない国」「信頼マイナス2万点」 橋下知事が上海万博事務局の招聘ドタキャンに激怒

       ↓
       ↓

上海万博側が再要請で橋下知事「やっぱり出席」 討論は辞退





中国人には、そもそも対等という概念がない。
中国に進出した人や企業が、しばしば陥る問題なのです。

契約・約束は守るべきもの、という基本的な認識がそもそもないに等しい。
何故なら、そもそも「約束を守るのは弱い人間のすること」なのです。

自分が弱い立場のときは頭を下げるが、強い立場に立ったときは約束を守らない。
納品するまでは頭を下げて何回も通ってくるが、いざ支払いの段階になると無視して支払わない。




先日も書いたとおり、サルと同じなのです。
サルの集団の中には、必ず順位がある。

一番から末番まで、みんな戦い合って自分の順位を決めるものなのです。
仲良く引き分け(対等)ということはありえない。

一番のものがすべてを独占する。
上位のものが、下位のものを支配する。
そういう動物なのです。

サルに向かって、「何でおまえは、サルみたいなんだ?」と言っても無駄なのです。
だってサルだから。

サルと平和的に付き合えるのは、人間が上位のときだけなのです。
サルが上位の場合、野性の本性がむき出しになり、とても凶暴で危険です。

猿回しの調教師は、必ずそうやって、順位が逆転しないよう心がけているのです。

ポイントは、
●すきを見せないこと。
●必ず上位に立ち、高圧的に接すること。




中国と付き合うのは、結局、こういうやり方が一番良いのです。
相手を恫喝することも当然ですが、やつら、面子をやたらと気にするから、バカにしまくるのが一番効果的です。
第三者に向かって、罵詈雑言を言って恥をかかせる。

面子が潰されて初めて、自分達に非があったことに気づくのです。
まぁ、やり方は荒いですが、これが結局奴らのためにもなります。




上海万博側が再要請で橋下知事「やっぱり出席」 討論は辞退 
2010.10.21 14:30 産経ニュース

このニュースのトピックス:どこへ行く、橋下府政
 大阪府の橋下徹知事が上海世博会(上海万博)事務協調局から万博最終日に開催されるサミットフォーラムへの招聘(しょうへい)中止を伝えられた問題で、橋下知事は21日、中国総領事から「万博事務局の手違いで大変お騒がせした。招待の意思は変わらない」と連絡があったことを明らかにし、サミットに参加する方針を示した。サミットではゲストスピーチは行うが、当初、予定されていたパネルディスカッションへの参加は辞退する。

 橋下知事によると、中国側からは「日中友好のためにぜひお越しください」と改めて正式に要請があったといい、「政治のいさかいで民間や経済が阻害されることがあってはならない。大阪として、中国とのビジネスや観光関係が伸びていくように、交流したい」と述べた。





「しょうがない国」「信頼マイナス2万点」 橋下知事が上海万博事務局の招聘ドタキャンに激怒
2010.10.19 23:15 産経ニュース

このニュースのトピックス:領土問題
 大阪府は19日、橋下徹知事に対し、今月31日の上海万博サミットフォーラムでのゲストスピーチを依頼していた上海世博会(上海万博)事務協調局から「知事招聘(しょうへい)を中止する」との連絡があったと発表した。理由は「プログラムが変更になった」としか伝えられておらず、府は20日にも同局に対し抗議文を提出する。

 橋下知事は今年8月に同局から招聘を受け、今月29日から来月1日までの上海出張を計画。フォーラムでは約15分間のスピーチ後、パネルディスカッションに参加する予定だった。招聘中止の連絡は18日正午ごろ、電話であったという。

 橋下知事は「尖閣問題があるからこそ行って、少しでも日中関係に力になれればと思ったが、しようがない国ですね。信頼はマイナス2万点」と述べた。

 府としての交流事業は継続するとしたが、今後の中国出張は控え、12月に予定している香港の観光プロモーションも「僕は行かない」と話した。


 
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters