国内CO2貯留施設の状況

 
福島沖で余震が多い理由。

それはいわき市にあるCO2貯留施設が原因である。
以前の記事でそのように書きました。

そもそも温暖化防止の観点から、このプロジェクトは始まりました。
詐欺の情報に踊らされているのです。

そのうえ今度は、そのCO2が地震の規模や回数を増やす結果となっています。
もう、何が何だか・・・。

CO2貯留施設は、今後、他の場所にも設置されていく可能性があります。
その場所は、下図の状況から判断されることになるかと思います。

特に、東京湾や伊勢湾。
関東、東海・東南海地震が発生したら、余震に悩まされる可能性があります。




http://www.ailab7.com/log/eqlog1671-1690.html
http://ameblo.jp/ma8210/entry-10894637471.html
3.11大地震は国の実験が原因?!
2011-05-17 19:05:21

3.11大地震を含む最近の頻発する地震が、実は経済産業省が現在行っている実験が引き起こしているのではないか、という情報が浮上しつつあります。
民主党の風間直樹参議院議員が国会質問で明らかにしたことですが、現在、経産省が補助金を出している財団法人が、CO2、二酸化炭素の地下への貯留実験というものを行っており、この実験が地震に大きく関係しているのではないかというものです。
今回の3月11日以降、続発している地震はいろんな意味で不可解な点が多すぎるといわれています。
例えば小笠原諸島やハワイなど、自然の作用として当然来るはずの場所に想定されるような規模の津波が発生していないことや、東京を始めとして大都会の何処も津波の被害に遭っていないことが指摘されています。
今までの地震予知には当てはまらない場所で、ピンポイントのように地震が発生している。(後略)
こうしたことから一部では、人工地震説や地震兵器説までささやかれています。
俄かには信じられない人が多いとは思いますが、国家プロジェクトとして経済産業省がCO2の地下滞留実験を行っていたことを、知らない人も多かったのではないでしょうか?
いわゆる地球温暖化対策のように排出量規制とは別に、CO2そのものを地中深く埋めてしまおうというのです。
実際、研究と実験はかなり進んでいます。
http://eco.nikkeibp.co.jp/emf/report/2008_11/eco1_1.html
そしてこの政府が行っているCO2地下圧入実験が地震を引き起こしたと過程するなら、今回の不可解な謎の説明がつくのです。


uこの理論を提唱するのは、元名古屋工業大学教授の石田昭氏で、石田理論を元にして先の風間議員が質問しています。/u(注:これは間違いです。風間氏は山本氏の理論を元にしています。)
「地中に水を注入し、そこで地中にあった鉄ないし鉱分と水が接触した結果、水素が発生すると。これは化学的な原理として当然なわけでありますが、この発生した水素が地中深くで滞留をすることによって水素原子が自身で核融合を起こして、それが地下爆発につながっているのではないかという、これが最近唱えられている新たな地震の理論でございます。」
つまり通常、地震が起きるメカニズムといえばプレートテクトニクス理論が定説になっていますが、これとは別にCO2の貯留によっても地震が起こりえるということです。

CO2貯留予定場所

 上の図を見ると、今後も従来の地震が起きると予想されていない場所が多くあります。
国が行っている温暖化対策の一環として、CO2を地中深く押し込めるために新たなる問題が発生していると言えなくもないのです。
しかもCO2が問題となる地球温暖化説も、原子力発電所推進のための道具として用いられています。
現在CO2による地球温暖化説はウソである確率は強くなっています。


 
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

民主主義の本質

 
リビアとかエジプトとか、アフリカ諸国の民主化問題が、マスゴミで大きく取り上げられています。
日本国内でも、ミンス党が、(今回は)民主的な手続きを経て、新しい代表、新しい総理大臣を選び出しました。



そもそもこの民主主義。
中央銀行設立とのセットになることが多いです。

通貨さえ支配できれば、誰が政治をやろうと構わない。
お金の力は大きいのです。

議会、行政、司法、マスゴミ、広告業界、これらの権力はすべてお金の力で支配できます。
さらには、経済界や学者まで、すべてお金の力で支配することができます。

だからこそ、悪の勢力は、民主化をさせたい訳です。
まぁ、もちろん、民主的になって、自由や人権等の権利が確保されることは、喜ばしいことだとは思いますが。

さも、正義のように語られますが、真実はその対極にあります。



残念ながら、中には民主主義の本当の意味が、理解できない人もいるようですね。
思考がここで止まってしまう。

早い話、人間は飼われているのです。
僅か10ファミリーほどの連中に、世界は支配されています。

我々人間は、家畜を飼います。
ウシやブタ、ニワトリなどです。

肉や牛乳、卵を得るために飼っている訳です。
最初から、そういう目的で飼っています。

美味しい肉や牛乳、卵が得られるよう、美味しいエサを与え、住み心地の良い環境を作り、大切に育てるのです。
すべては食べるためです。

でも、ウシもブタもニワトリも、気付きませんね。
いったん飼われ始めたら、逃げようとはしません。

何しろ、居心地の良い環境なのです。


ウシもブタもニワトリも、階級意識が乏しいので、サルに例えてみましょう。
サルも実は実験用動物として、広く製薬業界では、飼育されている動物の1つです。

どのサルがボスになろうが、我々人間にとっては、どうでもいいことです。
2番以降も全く同じです。

人間としては、サル山が丸ごと管理できて、適当な時期に出荷できれば良いのです。
そのためには、自然界から隔離し、人工的なサル山に封じ込める必要がある。

そのサル山で、どのサルがリーダーになろうが、どうでもいいのです。
勝手に決めればいい。

いや、むしろコントロールしようとしない方が良いでしょう。
逆襲に遭います。

サルが自分達で自分達のリーダーを決める。
まぁ、下克上ですが。

これこそまさしく民主主義。
人間は関与しません。



現在の民主主義とはこういうものです。
ボスザルが、他に危害を加えるときだけ、排除すればよい。

悪の連中が怖れているのは、この逆襲。
まずは、真実を知られることです。

 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

江戸は穢土になる

 
江戸は穢土になる。

日月神示に繰り返し出てくる預言です。
人が住めない場所になる。

そのきっかけの1つが地震です。

以前にも紹介したように、地震は爆発現象だと考えています。
自然的なものであっても、人工的なものであっても同じです。

(http://www.ailab7.com/log/eqlog1631-1650.html より)
地震と地盤沈下

爆発で押し出され上昇した領域がある反面、その周囲は沈降します。
宮城県で観測されている地盤沈下は、まさにこの現象を示しています。


江戸時代以降に、東京湾を広く埋め立てて、現在の海岸線になっています。
もともと、江戸城(現皇居)の先は、すぐ海でした。

(http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf113-6/p785-801.pdf より)
海岸線 江戸時代以降


東京湾で巨大地震が発生したら、湾岸地域は広く沈むはずです。
仮に宮城県と同じくらい(2m)沈んだら、下図(青い部分)のようになります。

湾岸だけでなく、北部にかけて大きく浸水する。

(クリックで拡大/Flood map より/2m)
Flood map 2m


実際には震源地に近いので、もっと沈むはずです。
また、マンホールから水が逆流し、浸水被害エリアを広げます。

地下鉄や地下街は、壊滅的な被害を受けるでしょう。
事実上、首都機能はストップします。

人が住めなくなる。

単に住めなくなるだけでなく、すぐに飢餓が襲ってきます。
東京には、自給能力はないのです。




http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse0908-2.html#29

日月神示の大預言
泉田瑞顕 / 久保脩  徳間書店

●日本民族の国内大移動
  大本神論にも伊都能売神論にも、また日月神示にも、江戸は元のススキ原となり、都会が田舎に、田舎が街になると繰返し述べてある。このことを具体的にいうと、日本民族の国内大移動が行なわれ、社会構造の大変革が行なわれるということであろう。

  第二次大戦の終わり頃にも、日本民族の国内移動はあった。即ち都会から田舎への疎開であり、都会から田舎への食糧買い出しである。しかし、これは一時的な現象であって、社会構造の変化を意味するものではない。戦争が終われば依然として都会は都会で、田舎は田舎で変わりはなかった。

  しかし、今度の民族移動即ち、国祖神権の発動による民族大移動は、戦時中のそれとはまるで意味と内容が違う。体主霊従国日本の国家社会構造は根底から立て替えられ、霊主体従、霊体一致の神国日本に立て直されるのである。これは日本国発祥以来の大改造であり、社会組織の徹底的組み替えであるから、未曾有の民族大移動というべきである。

  大都市(エド)が神権の発動によって焼き払われ消滅してしまえば、都市に集中している人口(総人口の約70%)は、否応なしに日本列島の各地に向かって分散移動せざるを得ない。焼野原となった都会には、日月神示に示されているごとく、住む家も、着る衣類も、食う食物もない。いくら金(紙幣)を持っていてもその時には何の役にもたたぬ。札束を山と積んでも、貴金属をいくら持っていても、そんなものはこの段階では通用もせねば、食えもせぬ。人々は丸裸となり、チリチリ、バラバラとなって、さまよい歩く以外方法はないのだ。

  天地祖神(おやがみ)の神教を信じない者の末路がそうなるのは、自業自得で是非もない。いくら言うてきかしても「そんなことがあるものか」と言うて反対する者は、助けてやりたくても助けようがないと神様は仰せになっている。しかし、神国日本の建設と、世の大峠の大変に人群万類を救済する大使命を持った『因縁の身魂』はそれではならぬ。

  神権の発動によって大都会が焼き払いになる以前に、因縁の身魂は各地に散り、日本列島の重要個所(神示によって示されている)に強固な『救世経綸の足場』をつくらねばならない。日月神示には『三千の足場』をつくれと厳命され、『足場はアじゃぞ』と念がおされている。

  国祖神示(大本神諭・伊都能売神諭・日月神示)に一貫して警告されているように、いずれ遠からず日本列島に大食糧難が襲来し、『食糧』の奪い合いから騒動となり、同胞が殺し合う暴動内乱に発展して大変なことになってくる。国祖神権の発動しない間に、因縁の者はお互い力を合わせて日本列島の各地に三千の足場をかため、土地為本、天産自給の大原則に基づく神日本建設の原動力とならねばならぬ。

  日本に内乱、暴動が起これば、日本に居る外国身魂は外国へ逃げると日月神示に予告されている(既に彼等は逃げる準備をしている)。しかし、外国は日本よりも、もっとひどくなるから、外国へ逃げても外国身魂(われよしの人間)の住むところはないと、日月神示には警告されている。日本民族は日本の国土を死守し、その恩恵と御守護によって生き、日本民族天与の大使命を果たすべきである。




私の住む関西某地域も、同じような状況です。

近いうちに発生すると予測されている東海・東南海・南海地震。
この影響をもろに受けます。

マンション高層階なので、地震や津波で、直接的な被害は受けないだろう。
だが、その後に、人が住める状況ではなくなる。

水も食料も手に入らなくなる・・・。

ということで、本気で田舎への疎開を考えています。
祖父の残した畑でも耕そうと思っています。

 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters