FC2ブログ

ペニーオークションについて

 
おおっー、詐欺!!
とまぁ、最初に知ったとき、そう思ったのですが…。

でもよく考えてみると、、、そもそも広告という行為自体が詐欺のようなもの。

CMに出てくる芸能人たち。
少額の家庭用品程度ならともかくとして、高額の車や家なんか、彼ら自身が買っているわけでもなければ、使っているわけでもない。

架空の世界で、いかにも良さそうなイメージを演出する。
そしてその代わりに、多額の報酬を受け取る。
一般的には、CM1本で数千万円とも言われている。

30万円だと悪くて、はるかに大きい数千万円だと問題にならないわけだ。

賄賂と政治献金のような関係。
あるいは、殺人と戦争での大量殺戮の関係。
トンネル崩落事故と原発事故の関係も、同じ延長線上にある。

また、これを批判する芸能人もまたいやらしい。
さも、自分たちは、正義の味方のようなふりをして。

問題になったのは、要するに、大手広告業界を通していなかったためだろう。
そういう気がする。

西川史子、ほしのあきら芸能人に激怒 「詐欺加担」に「本当にいや。顔も見たくない」
J-CASTニュース 2012年12月16日11時58分


西川さんは、ほしのあきさんらを「顔も見たくないくらい、いやですね」と強く批判したほしのあきさん(35)ら複数の芸能人が、実際に落札していない商品を、参加者が手数料を支払って入札する「ペニーオークション」で安く競り落としたとブログに書き込み、結果的に詐欺に荷担していた問題で、医師でタレントの西川史子さん(41)が2012年12月16日に出演した「サンデー・ジャポン」で、「品がない」などと強く批判した。

西川さんが批判している中には、同じ「サンジャポ・ファミリー」の小森純さん(27)も含まれており、異例の「身内批判」だ。ただ、この日、小森さんは出演していなかった。

 現時点で2人以外に同様の書き込みを認めているのは、熊田曜子さん(30)、ピース・綾部祐二さん(35)など。いずれもブログなどで書き込みを陳謝していた。

「30万はもらってる訳ですから、軽率とかいうことじゃないんですよ」
西川さんは、真剣な表情で

「私、ものすごく怒っています、これは。品がないですよね、やってることに。『軽率だ』とか言うけれども、(書き込みの謝礼として)30万はもらってる訳ですから、軽率とかいうことじゃないんですよ。芸能人だということで『勘違いしてんじゃないの?』って、私、本当にいやですね。顔も見たくないくらい、いやですね」
と、ほしのさんらを批判。芸能人がブログで商品を宣伝することについても、

「ブログを使って商売するって、すごくいやじゃないですか。例えば、物を受け取って『使ってみてください』って言われて、使ってみて良かったら、それを載っける。そこまではギリギリいいと思うんですよ。でも、お金をもらって、あたかも落とした(落札した)かのようにやるなんて、詐欺ですよ?こんなん、捕まらないんですか?」
と、ほしのさんらの顔が映し出されたモニターを指さしながら怒りをぶちまけた。

テリー伊藤「一番大切なのはあんたのファンでしょ」
また、テリー伊藤さん(62)も、芸能人ブログの内容について、

「何使ってます、何買った、このお店がどうだった…。全部、金使わせることばっかり。そんなにお金がある訳じゃないじゃないですか、ファンって。一番大切なのはあんたのファンでしょ。それなのに金使わせることばっかり考えてるって、本当に貧乏くさいね」
と批判。ブログを通じたマーケティングのあり方に疑問を呈した。



こういった業界を少しでも浄化するためには、やはり広告税の導入が必要だろう。

無税だから、企業からの金が集まるのだ。
どうせ税金に取られるくらいならと、企業は安易に広告にお金を出している。

多額の資金がマスゴミや芸能界に流れる。
安易に流れるからこそ、彼らの質はますます下がる。

いわば宗教と同じですね。
無税にすると、ろくなことにはなりません。

そう思いますが。

  
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

次の大地震は琵琶湖付近!?

 
次の大地震は琵琶湖付近!?

そういえば、今年3月にも、こういう報道がありました。
地下水の異常が継続しているのだそうです。

昨日の記事内容と重なりますね!?
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2071.html

全国で頻発 地下水異常 次の大地震は琵琶湖付近!? (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/12/jisin18/msg/104.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 03 日 15:04:51: igsppGRN/E9PQ


全国で頻発 地下水異常 次の大地震は琵琶湖付近!?
http://gendai.net/articles/view/syakai/135398
2012年2月29日 掲載 日刊ゲンダイ


<元東大地震研学者が警告>

 全国28カ所に井戸水など地下水の観測点を置き、調べているのは、元東大地震研究所准教授の佃為成氏だ。佃氏の調査では、過去、次のような現象があったという。
「阪神・淡路大震災の2日前、明石海峡での高圧地下水の噴出と推定できる異変がありました。海面の一部が黒褐色に渦巻いていたのが目撃されており、これは深さ50~100メートルの海底において地下水が噴出しヘドロが巻き上げられたと考えられます。01年3月の安芸灘(芸予)地震の前にも、岩国市で井戸から49度の熱湯が記録されています」
 そして現在、不気味な動きをしているのが琵琶湖だ。09年12月下旬、琵琶湖環境科学研究センターの潜水ロボット探査により、琵琶湖北部の水深90~100メートルの湖底から土砂が噴き上がっているのが発見された。
「この異変はいまでも継続している。地下水の濁りや、湖底異変は深部の水やガスの上昇が原因でしょう。琵琶湖は、新潟から神戸にかけての『ひずみ集中帯』の上にある。琵琶湖ほどの湖で大規模な異変が起きているということは、今後、京都、大阪、神戸の一帯で大地震が起きる予兆とも考えられます。兵庫県川辺郡猪名川町では、地下水が09年以降、年間1000分の9.4度のペースで上昇しています。一方で兵庫県西宮市武田尾温泉では02年中ごろから水温が年間100分の31度のペースで降下しています。こういった変化に注目しています」

<静岡・焼津でも湧き水>

 異常現象は他地域でも頻発している。
「紀伊半島南端の潮岬で05年から測定している水位が最近2年で、1メートルほど上昇したというデータが出ています。南紀一帯で測定中の水温にも乱れが表れています。東海では静岡県焼津で水温が上昇し続け、湧き水の量も増え続けています」
 警戒するに越したことはない。



 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

クリントン米国務長官が意識失う

 
あらら、よく気を失なう人だこと。

クリントン米国務長官が意識失う 胃腸炎影響か、自宅勤務に

 【ワシントン共同】米国務省は15日、胃腸炎を患っていたクリントン国務長官(65)が一時、意識を失ったと発表した。現在は自宅で回復途上にあるが、週明け以降は自宅で療養しながら職務に当たるという。意識を失った日時や場所は明らかにしていない。

 発表によると、ウイルス性胃腸炎にかかっていたクリントン氏は、脱水症状となって気を失い、脳振とうを起こした。引き続き医師の診察を受けている。

 クリントン氏は病気を理由に、12日にモロッコで開かれた国際会議出席などのため計画した外遊を取りやめていた。2005年に上院議員を務めていた時も演説中に気を失ったことがある。

2012/12/16 05:56 【共同通信】



 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters