FC2ブログ

児童、生徒の心電図異常増加

 
直ちには影響はない。
確かにそうなんです。

ごく僅かであれば、短期間ならば問題は出てきません。
でも、僅かであっても、長期間曝されていると、閾値を越えるのです。
超えた頃に異常が出てくる。

恐れていたことが、顕在化してきたのでしょうね?
児童・生徒の心電図異常が、今までの最高値を越え、その3倍近くに増えているそうです。

ただ放射能が直接的な原因であるかどうかは、証明が難しいでしょうね。
運動不足とか、生活習慣とか、いろいろとファクターが絡んでくるので。

人間の場合は、簡単にはいかないものなのです。
そして、分かった頃には、被害が大きく広がっている…。
多くの公害病の場合、こういう流れでした。

児童、生徒の心電図異常増加

 取手市の市立小中学校の学校検診で、心電図に異常がみられる児童、生徒の数が、昨年度から増加していることが、生活クラブ生協取手支部など市内3団体の調査でわかった。メンバーは福島第一原発事故との関連を懸念し、年明けにも市に調査を要請するという。

 検査は小中学校の1年生に実施し、毎年度5月に1600~1700人が受診。精密検査が必要とされた子供は、2010年度までは最高で1・79%だったのが、11年度は2・38%、12年度は5・26%になった。

 また、精密検査で疾患や異常が見つかった子供は、10年度までは最高0・71%だったが、11年度は1・28%、12年度は1・45%だった。ただし、12年度は「要精密検査」とされながらも、公表時点で受診していない子供が3分の1以上おり、3団体は「受診者が増えれば数値が上がる可能性がある」とみている。

 3団体は10月、児童、生徒の健康状態を知るために、市教委に学校検診結果の開示を求め、2008年度以降の結果を精査して、原発事故後、心電図異常が増えていることに気付いた。原発事故との関連調査に加え、心電図検査の回数を増やすことも市に求める予定だ。

 藤井信吾市長は「データの有意性を確認した上で対応を考えたい」としている。

(2012年12月30日 読売新聞)



こんなのは、生物統計の解析ソフトを使えば、有意な差(2シグマを越える)であるかどうかは、すぐに分かります。
生(なま)データを入力して、解析ボタンを押すだけです。
昔さんざんやりました。

%の桁が1つ2つ下ならともかく、この水準で3倍なら、おそらく有意な差として出るでしょうね。
 
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

原発事故 100人超聴取へ 東電旧経営陣・班目氏ら 検察 来春立件判断

 
原発事故での過失について、関係者への事情聴取が始まるようです。
東電幹部のほか、行政当局者や、民主党議員らも含まれるようです。

原発事故 100人超聴取へ 東電旧経営陣・班目氏ら 検察 来春立件判断
2012.12.30 08:43  産経ニュース

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、東電幹部らが業務上過失致死傷などの罪で告訴・告発された問題で、検察当局が当時の関係者ら100人超をリストアップし、年明け後に本格聴取に乗り出す方針を固めたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。事情聴取は原子力安全委員会(廃止)の班(まだら)目(め)春樹元委員長(64)や、東電の旧経営陣も対象。政権中枢にいた民主党議員らの聴取も視野に入れ、来春にも立件の可否を判断するもようだ。

 検察当局は8月以降、各地の地検に出ていた業務上過失致死傷罪などでの告訴・告発を相次いで受理。その後、東京と福島の両地検に案件を集約させた。

 告訴・告発の対象には、菅直人元首相(66)や海江田万里元経済産業相(63)=現民主党代表=ら当時の政権首脳▽班目氏や原子力安全・保安院(廃止)の寺坂信昭元院長(59)ら原発行政担当者▽東電旧経営陣ら幹部-などが名を連ねる。

 関係者によると、検察当局がリストアップした100人超の関係者は告訴・告発された人をはじめ、東電の実務担当者や原子力規制庁の職員ら。津波対策、地震発生後の避難対応などのグループに分類し、捜査する。応援検事を既に両地検に投入しており、年内に東電の事故調査委員会の担当社員や、放射性物質の拡散予測システム「SPEEDI」を所管する文部科学省の担当者らから事情を聴いたという。

 一方、検事らが防護服を着用して福島第1原発内に入り、内部の構造や破損状態を確認。勤務する作業員から事故当時の状況について説明を受けた。事故直後の東電本店と原発とのやり取りを収録したテレビ会議の映像の提供を受け、混乱を極めた指揮系統についても調べている。

 検察当局は今後、リスト化した関係者以外にも、事故と死亡との因果関係を調べるため「震災関連死」と認定された被災者の遺族からも、参考人として聴取する方針を決めている。また、同罪以外にも公害犯罪処罰法違反罪や原子炉等規制法違反罪など、他に適用できる法令がないか具体的な検討作業に着手している。



 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters