日本政府、元勤労挺身隊の女性に199円支給

 
ははは。
スーパーの値札みたいですね。(笑)
せめて200円にしてやれよ。

この問題、突っ込みどころが満載ですね。

そもそも、この厚生年金に加入していたという点。
それって給料をもらっていたという証拠ですね。

強制連行されて強制労働されたはずの人間に、日本は給料を支給していた…。
何て日本人は悪辣な、、、

矛盾を感じないんでしょうかね??

慰安婦のケースでは、売春で得た大金を、郵便貯金していたんですね。
大きな意味では確かに、日本政府が管理していたことにはなるんですが。

でもそれをもって、日本政府が強制的に奪い取ったとか何とか…。
こういう展開でした。
預けなければいいだけの話でしたが。


そもそも日韓基本条約ですべて解決済みなんだから、欲しかったら韓国政府に要求しろよ。
日本は既に支払っているんだから。

記事入力 : 2015/02/25 08:21
日本政府、元勤労挺身隊の女性に199円支給
厚生年金の脱退手当金、2009年にも一人当たり99円支給


 日本政府が最近、第2次大戦中に勤労挺身(ていしん)隊として動員された女性3人に対し、厚生年金の脱退手当金として199円ずつ支給していたことが分かった。日本政府は2009年にも、元勤労挺身隊の女性たちに対し、同様に一人当たり99円を支給し、論議を呼んでいた。


 「勤労挺身隊のおばあさんと共に歩む市民の会(以下、市民の会)」が24日発表したところによると、10代だった1944年に日本へ連れていかれ、三菱重工業で働かされたヤン・ヨンスさん(87)、キム・ジェリムさん(86)、シム・ソンエさん(85)と、オ・ギルエさん(故人)の弟オ・チョルソクさん(78)は昨年11月、日本政府を相手取り、厚生年金の脱退手当金の支払いを求める訴訟を起こした。


 原告たちは「市民の会」を支援する日本側の弁護士に訴訟を委任していたが、日本政府は最近「ヤン・ヨンスさん、キム・ジェリムさん、シム・ソンエさんについては、一定期間の厚生年金への加入が認められる」として、代理人の銀行口座に一人当たり199円を支給した。だが、オ・ギルエさんの遺族に対しては「(厚生年金への)加入期間が6カ月に満たない」として、脱退手当金を支給しなかった。


 日本政府は2009年、ヤン・グムドクさんなど8人に対し、厚生年金の脱退手当金として一人当たり99円を支給し、反発を招いた。市民団体などは日本製品の不買運動や抗議デモを行い、8人のうち5人は三菱重工業を相手取って損害賠償請求訴訟を起こした。光州地裁民事12部は2013年11月、三菱重工業に対し、直接の被害者である4人に1億5000万ウォン(現在のレートで約1610万円、以下同じ)ずつ、遺族1人には8000万ウォン(約860万円)の慰謝料を支払うよう命じる判決を下し、現在控訴審の審理が行われている。


 「市民の会」の関係者はこの日「日本政府は以前訴訟を起こしたヤン・グムドクさんたちには99円を支給したが、新たに支払いを求めた3人には199円を支払った。これは日本政府にも明確な基準がなく、場当たり的な対応をしているといえる」と批判した。また「被害者のおばあさんたちは10代のときに連れていかれ、(日本の植民地支配からの)解放まで2年以上も強制的に働かされ、現在に至るまで苦しみを抱えて生きてきた」とし、三菱重工業と日本政府に謝罪を求めた。



光州=金性鉉(キム・ソンヒョン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



  
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

川崎中1男子殺害 年上の少年らから任意聴取へ

 
川崎市の少年殺害事件。

犯人は、どうやら少年のようですね。
警察が動き出しました。

ネットには、2~3日前から、写真付きで名前が出ていましたが。


川崎中1男子殺害 年上の少年らから任意聴取へ
テレ朝news (02/24 11:45)


 川崎市の河川敷で中学1年生の少年が殺害・遺棄された事件で、警察は、男子生徒と一緒に行動していたとみられる年上の少年などから任意で聴取する方針を固めました。

 20日に中学1年生の上村遼太君(13)の遺体が発見された河川敷に上村君の祖母が訪れ、苦しい胸の内を明かしました。
 上村遼太君の祖母:「どんなに痛かったか、どんなに苦しかったか、それを犯人には分かってほしい」
 上村君は、年上のグループと一緒にいるところを友人らに度々、目撃されていました。殺害される数週間前には、友人に対して「殺されるかもしれない」などと相談していました。川崎市教育委員会によりますと、上村君は1月に入ってから学校を欠席していて、担任が30回以上にわたって家庭訪問などを続けていました。そして、16日に初めて本人と連絡が取れた際、「そろそろ学校に行こうかな」と答えたのを最後に再び連絡が途絶えていました。また、警察によりますと、上村君の母親は「19日、夕食を食べて家を出たのが最後だった」と話しているということです。出掛けた際は普段着で、特に変わった様子はなかったということです。警察は、上村君と一緒に行動していた少年グループから任意で事情を聴く方針です。



ここで壁になるのが少年法。
こんな悪法はなくすべきですね。

被害者の人権はないがしろにして、加害者の人権ばかり言われてもねぇー。

こんな残忍な手口をする犯人。
少年だろうがなかろうが、更生するわけがありません。

殺人、放火、強姦などの凶悪犯罪。
少なくともこれらは適用外とすべきですね。

対象年齢も引き下げるべきです。
ちなみにこちらは、18歳以上を成年とする国民投票法との整合性から、見直す動きが出ているとか。

大学にだって飛び級がある時代です。(実例は少ないですが)
犯罪の凶悪度に応じて、刑事処分の可能になる年齢を引き下げるべきですね。

ほかにも、精神鑑定や在日の通名などの問題があります。
日本は犯罪者に優しい国なんですね。

居心地が良いから、どんどん増殖します。
何とかして欲しいものですが。

 

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コンドームのオカモト、韓国で戦犯企業に指定 補償問題蒸し返し、巨額慰謝料請求相次ぐ

 
今日は竹島の日です。
来年のこの日の見通しを書こうかと思っていましたが。
私の予想では、来年のこの日を機に、日韓は決定的な対立へと進みます。


ところで、先ほど目にした以下の記事。

史上まれにみる極悪非道な国。
その国に強制連行され、性奴隷にされたそうですが…。

そこでは、避妊具を支給されていた。
ああ、何と悪辣な日本人…。

でもこの話に、矛盾を感じないんですかね??
かの国の連中は。



http://biz-journal.jp/2015/02/post_9019.html
2015.02.22
コンドームのオカモト、韓国で戦犯企業に指定 補償問題蒸し返し、巨額慰謝料請求相次ぐ


 大手コンドームメーカーのオカモトは、国内市場で約50%と圧倒的なシェア率を誇っており、日本より海外での出荷数が上回っていることから世界での認知度も高い。例えば韓国でのシェアは第1位だが、実は今、そのオカモトが韓国で戦犯企業に指定されているのだ。

「2006年、韓国の市民団体によってオカモトが戦犯企業に指定されました。理由は太平洋戦争中にオカモトが日本軍の軍需工場として指定され、京城(現・ソウル)にも工場を設置していたためです。そこで生産されたコンドームは、慰安所に連行された女性に支給されていました」(韓国紙記者)
 
 つまり、オカモトが間接的に日本軍に加担し利益を得たことが原因とされ、戦犯企業に指定されたというのだ。

「12年、韓国の政府機関が強制連行の事実がある日本企業1493社を調査したところ、299社が現存していることがわかり、戦犯企業として公表しました。さらに、戦犯企業を公共事業の入札から外すよう、韓国の行政機関や地方自治体に働きかけているそうです」(同)

 現在、韓国では戦犯企業に対し解決済みの戦時徴用工に対する補償問題を蒸し返し、さみだれ式に提訴する事案が続いている。韓国の裁判所は日本企業に対し次々に賠償命令を下しており、最高裁でも日本企業敗訴の可能性が高くなっているのだ。

「韓国の地裁や高裁では新日鉄住金や三菱重工業などが相次いで提訴され、慰謝料支払いを命じる判決が出されています」(同)

 勝訴した場合、原告の弁護士は対象企業の在韓資産だけではなく、在米資産をも差し押さえると息巻いている。もし、仮にリストアップされた日本企業がすべて提訴された場合、その総額は2兆円に及ぶともいわれている。果たしてオカモトが訴えられる日も来るのだろうか。
(文=編集部) 



 

テーマ : ひとりごと。 - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters