核分裂について

 
原発事故に伴って、聞きなれない元素名が登場しています。

ストロンチウム(Sr)とか、セシウム(Cs)とかです。
ストロンチウムの場合は、原子量90のものが、ウラン235の核分裂生成物です。

セシウムの場合は、ウラン235からヨウ素(I)またはキセノン(Xe)を経て、核分裂生成物セシウム137へ至るようです。



ストロンチウム90 (ウィキペディアより)

生成
ウラン235が減速中性子により核分裂を起こすと質量数が90-100付近および130-145付近の分裂断片を生成する。これらの分裂断片はより質量数の大きな原子核由来のものであるから一般的に中性子過剰であり、β崩壊を繰り返して最終的に安定同位体に移行する。これらの分裂断片およびそのβ崩壊生成物として例えば137Cs、131I、および90Srなどがある。

235U + 1n → 144Xe + 90Sr + 2 1n


セシウム137 (ウィキペディアより)
セシウム137 (137/55Cs, caesium-137) はセシウムの放射性同位体で、ヨウ素の同位体かキセノンの同位体を経由して、ベータ崩壊により生成される。これらの元素は揮発性で核燃料中や大気中に分散するので、セシウムはしばしば遠く離れた場所で生成される。



(ウィキペディアより)
周期律表30


ウィキペディアを見ると、「ウラン235が減速中性子により核分裂を起こすと、質量数が90-100付近および130-145付近の、分裂断片を生成する」と書いてあります。

でも、何故こうなるのか書いてありません。
肝心なことが書かれていないのです。

何故、こうなるのでしょうか?



そもそも従来の考え方は:
・原子核の中心に中性子や陽子が、団子(だんご)のように固まっている。
・その周囲を、電子が何重もの層になって回っている。


この考え方に立つと、ウラン系列(核分裂時に原子量が4つずつ減る)の説明は、どう考えても無理でしょう。
陽子や中性子を取り出そうとすると、激しく電子にぶつかるのです。

電子が、何重もの層になって、しかも高速で回っているのです。
ましてや、きれいに4つずつというのは、まず無理でしょう。


またこの分裂断片(90-100&130-145)は、まるで細胞が分裂するかのようです。
こんなに再現性良く、きれいに2つに分かれるものなのでしょうか?

そもそも何故、真ん中(118付近)で割れないのでしょうか?

例えば食器のお皿を割った場合は、真ん中で割れる確率が一番高くなるはずです。
この考え方は、有機分析化学の「質量分析」では、ごく一般的な考え方です。

しかも、割った後に、それぞれが別々の原子(元素)に、きちんと変わっているのです。
2つに割れたお皿のかけらから、それぞれがまた、径の小さな丸いお皿になる??


・原子核の中心に中性子や陽子が、団子(だんご)のように固まっている。
・その周囲を、電子が何重もの層になって回っている。

従来の量子化学の考え方では、ウラン235の核分裂の説明は難しいのです。



でも、私が提唱する説なら、説明は極めて簡単です。
詳細は、以前の記事に書きました。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-1010.html

私のイメージ図。
x軸の真上から見た模式図です。

2,3は平面上、4~7は斜めに飛び出ており、面の裏側へと抜けています。
デンシ、ヨウシの数は順に、2、8、8、18、18、32、32個ずつ。
もちろん、その回転軸の中で可変。

竜巻モデル11

ウランの場合、竜巻の回転軸は7本。
1本目から順に、2、8、8、18、18、32、6個ずつ、デンシとヨウシが入っている。

5本目までと、(6本目+7本目)で回転軸ごと分ければよいのです。
軸をすっぽりと抜き出すのです。

そうすると、そこで回っているデンシもヨウシもチュウセイシも、丸ごと一緒に抜き取ることができます。

すると、5本目までとなった原子は、キセノン(Xe)へ変わります。
2、8、8、18、18 = Xe

キセノンからデンシが1つ取れると、セシウムになります。
(デンシが1つ減る=ヨウシが1つ増える)

(6本目+7本目)だけが分離した原子は、原則に従って次のように、デンシ・ヨウシの位置を配置し直し、ストロンチウムへ変わります。
32+6 ⇒ 2+8+8+18+2 = Sr


もちろん、4つずつ取り出すウラン系列の説明も容易です。
回転軸を鉛筆に例えると、6角形の面の方向からだと、デンシもヨウシもチュウセイシも、どこにもぶつかることなく簡単に取り出せます。



現代量子化学では、理由が説明のできない現象も、私のモデルでは簡単に説明ができます。
とまぁ考えているのですが、今の原子力関係者の面々には、私の理論は到底理解できないでしょうね。

何しろ、危険なはずだった放射能が、ここ1ヶ月ですっかり安全なものへと変わりました。(笑)
どう見ても変ですね。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters