制度崩壊している国民年金

 
最近になって私のサイトに来た人は、こんな現実を知らない人が、まだいるかも知れません。

40年間年金を支払った人よりも、生活保護の方が、はるかに特になる計算です。
支給額が多いうえ、非課税になったり免除になったり、特典が多いのです。
下記の例だと、ざっと2.5~3倍くらいでしょうか。

ばかばかしくてやってられませんね。
正直者はバカを見る社会です。

とはいっても、普通の日本人には、生活保護はなかなか認められません。

でも在日や同和関係だと、審査は極めてゆるいです。
中国などから来日し、すぐ生活保護を受給するという例もあります。
もちろん、彼らは最初から働く気持ちなんて、ほとんどありません。

時間も自由に使えるし、ある意味で、究極の「勝ち組」ですね。



初の60%割れの公算=10年度の国民年金納付率-厚労省
時事ドットコム

 厚生労働省は28日、2010年4月~11年1月分の国民年金の保険料納付率が、前年同期比0.8ポイント減の58.2%だったと発表した。10年度の納付率はこれまで全ての月で前年度を下回っており、最終的には、過去最低を記録した09年度の60.0%を下回る公算が大きい。6割を割り込めば、現行の年金制度が始まった1986年度以来初めてとなる。
 納付率の低下は、不況で企業を解雇され、国民年金に加入したものの保険料が払えないケースが増えていることや、年金制度への不信感による拒否などが原因とみられる。都道府県別では、納付率が最も高いのは新潟県で69.7%、最低は沖縄県で36.2%。(2011/04/28-19:50)


(某掲示板より)

TVタックルでもやってたけど、40年国民年金払った人月6万以下+
医療費+介護料自己負担。生活保護者はトータルで13万位+医療費、
介護料免除。だもんなー


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters