体重はお昼に量ろう

 
先日の記事で、天体の万有引力が、UFOの推進力になるはずだと述べました。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-1198.html

では、実際には、太陽や月の引力はどのくらいあるのでしょうか?

(ウィキペディアより)
・太陽の質量:地球の33万倍
・地球との距離:1.5億km
・地球の半径:6400km

これらから概算すると、太陽からの引力は、地球の引力の約1/1700となります。
ちなみに月の引力は、太陽の約1/2だそうです。

潮の干満は月の影響だと思いがちですが、実際には太陽の影響の方が大きいのです。
大潮とか潮の種類は、月の影響で決まります。



この結果から、いろいろと計算してみたいことがあるのですが、ちょっとめんどくさくて止まっています。

でも、明らかに言えること。
女性の方に朗報かも知れません。

それは、体重はお昼(12時ごろ)に量ると、実際よりも軽くなるということです。(笑)
お昼に測ると、地球の引力と太陽の引力は逆向きなので、減算される。

逆に深夜(0時ごろ)測ると、太陽の引力分が加算される。
日の出、日の入りの頃だと、太陽の引力は差し引きゼロとなり、本来の正しい値となる。

そんな感じです。

体重が50kgの女性だと、1/1700は約30g。
体重が70kgの男性だと、約40gといったところでしょうか。

日頃、体重を深夜に量っている人なら、往復分で60g、あるいは80g程違う(軽くなる)はずです。



さらには、月の満ち欠けでも変わります。
変化が大きいのは、新月の日。

新月の昼に量ると、月の引力分も減算されます。
その分は女性で15g、男性で20gほど軽くなる。

太陽の分も合計すると、女性で45g、男性で60gほど軽くなるです。


逆に新月の深夜に量ると、月の引力分が加算されます。
その分は、女性で15g、男性で20gほど重くなる。

太陽の分も合計すると、女性で45g、男性で60gほど重くなるです。

まぁ、緯度だとか、季節だとかで、若干違いますが。



いまダイエット中のあなた!!
もしかして、体重を深夜に量っていませんか??

深夜に量ると、実際よりも重たく表示されますよー。(笑)
(まぁ、たいした違いではないですが)

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters