スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配なのは、5、6号機

 
「やってられるかー!!」
こう怒鳴った人がいます。

福島第一原発の、現場の指揮官です。
官邸や不安院の指揮命令が、無茶苦茶だからです。


その指揮官。

今一番心配なのは、5号機、6号機だとか。
そもそも5号機、6号機は安定に停止しています。

では何故、5号機、6号機なのか?

そもそも、地下から湧き出てくる何の問題のない水。
5号機、6号機の付近は、地下水が多いのだとか。

平時なら低レベル放射能排水として、海に廃棄しても問題のないレベル。
実際、今まではそう対処してきた。

それを官邸がさせないのだとか。
事情を説明しても、全く受け付けない。

このまま放置していると、電源装置が冠水し、5号機、6号機も制御不能になる。
つまり、爆発する危険性が出てくる。

もし爆発したら、完全な人災ですね。
というか、爆発することを願っているんでしょう、本音では。

何しろ、今の政権中枢には、日本を破壊したい面々ばかりです。


上司の命令に従って爆発させるか?、上司の命令に反して守るか?
いずれ、究極の選択を迫られるのでしょう。

どちらにしても責められます。
間違った選択をしないことを、祈りたいと思います。




福島第1原発5、6号機の地下に水 建屋亀裂で流入?
2011年5月4日 09時32分

 福島第1原発の事故で、冷温停止で安定しているとみられてきた5、6号機の建屋地下部分に、大量の水がたまっていることが分かった。大地震で建屋に亀裂が生じ、地下水が染みこんでいる可能性がある。放射性物質による汚染は小さいが、地下には重要な配電施設があり、東京電力は対応に苦慮している。

 5、6号機は震災当時は定期検査中で、地震や津波の影響も小さく、震災10日後には冷却機能も回復した。

 震災当日に6号機にいた作業員は「タービン建屋の内壁の一部にひびが入っていた」と証言しており、亀裂部分から地下水が流入している可能性がある。

 先月22日に現地視察した独立総合研究所の青山繁晴社長によると、現地で指揮を執る同原発の吉田昌郎所長は「一番心配なのは5、6号機だ。もともとわき水が多い。ほっておくと電源設備が浸水で止まってしまう」と述べたという。

(中日新聞)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。