浜岡原発5号機 復水器の配管爆発

 
先日止めた浜岡原発。
総理の指示に、中部電力が応じたものです。

この停止作業中に、配管が破損し、原子炉内へ海水が流入しました。

やはり爆発していたようです。
軽微な事故だと、侮ってはいけません。

そもそも、水素ガスと酸素ガスとの爆発反応は、エネルギーが小さく、また爆縮(体積が減る)であり、鋼鉄製の配管が破損することはありえません。

爆発の規模は小さくても、ブラックライト・プロセスによる「核融合反応」です。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-1072.html

反応のメカニズムを知ること。
そして、制御法を理解することが重要です。

人為的な安定停止すらできないようでは、非常に危険に感じます。




http://twitter.com/#!/mitsuya_niwa/status/74785592810029056
【速報】浜岡原発の5号機の復水器の配管は爆発していたことがわかった。上杉隆氏の質問の中で東電が答えた。



浜岡原発5号機、原子炉内に海水5トン 配管の破損で
2011年5月19日12時30分 asahi.com

 中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の5号機で、運転停止作業中に配管の破損で原子炉圧力容器内に流れ込んだ海水が約5トンに上ることがわかった。原子炉内では通常、不純物の少ない真水が循環している。海水が入ったことで今後、運転再開への支障になる可能性がある。

 破損したのは、タービンを回した後に炉内の水蒸気を冷やして水にする「復水器」の中を通る配管。熱交換用に、海水が使われている。5号機では、菅直人首相の要請を受けて14日に運転停止作業中、この復水器内に海水約400トンが流入した。このため、原子炉を冷やす注水を一時中断したが、間に合わず、約5トンが炉内に入ってしまったとみられる。

 5号機のような沸騰水型炉(BWR)は、核燃料と直接触れた蒸気を海水で冷やす。配管が破損すれば、原子炉内の水と海水が混ざってしまう弱点がある。

 同様の問題は過去にほかの原発でも起きていたが、5号機は2005年に運転を始めた新しい炉だった。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters