退陣表明ではないと主張する大臣


早速、もめてます。

今日の総理の発言、辞任表明ではないのだとか。
そう主張する大臣たち。

数日経ったら、また反故にされそうな感じですな。
「喉元過ぎれば、熱さを忘れる」

まぁ、流行の言葉で言えば、
「直ちに退陣するわけではない」といったところでしょうか。


一方、ポッポ前総理の解釈では、退陣は6月中。
かなり開きがあるようです。



閣僚、不信任否決に安堵=「退陣」解釈で違いも
時事通信 6月2日(木) 18時50分配信

 菅内閣の各閣僚は2日、内閣不信任決議案の否決に安堵(あんど)した。ただ、首相が東日本大震災などの対応にめどを付けた段階での辞任を表明したことに関しては、受け止め方に違いも見えた。
 海江田万里経済産業相は、不信任案否決について記者団に「大差で否決できたことは良かった」と歓迎。与謝野馨経済財政担当相は「信任を受けたということになる」と強調した。
 首相の辞意に関しては、鳩山由紀夫前首相に近い大畠章宏国土交通相が「一つのけじめを付けられた」との認識を示したが、与謝野氏は「(首相は)辞任という言葉は使っていない。(退陣を)野党と合意したとかいう話ではない」と指摘。枝野幸男官房長官も会見で、辞任する首相が重要課題を進められるかとの質問に「前提が違う」と述べ、退陣表明ではないとの考えをにじませた。



菅首相退陣は6月中、との認識?…鳩山前首相
読売新聞 6月2日(木) 16時54分配信

 鳩山前首相は内閣不信任決議案否決後、国会内で「2次補正予算に関しては、6月いっぱいくらいに中身が決まる。すなわちメドが立つというような状況が出てくるのではないか」と述べ、菅首相の退陣時期は6月中の見方を示した。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters