潜水艦式発電 補足

 
<訂正> 計算ミスにより、一部数値訂正 2011/7/1


さて、この潜水艦式発電機。

潜水艦式発電1

日本の造船メーカーなら、1週間で試作機ができるだろう。
構造は極めてシンプル。

おそらく、1基あたり数十万円でできる。
量産化すれば、さらに安くなる。

何しろ、部品数数万点の軽乗用車でさえ、ベーシックなものなら数十万円でできるのだ。
1000基作っても、数億円のレベル。

あとは、プールとトンネルと、変電施設。
土地代を除けば、すべてを作っても、十数億円もあれば十分足りるだろう。


仮に1基当たり2m×2m×5m程度の大きさだとすると、100m×100mの土地に2500基配置できる。
浮力調整室の容積は、1m2あたり1m3とする。
5万kWの設備だ。

日本の臨海地域には、結構たくさん遊休地がある。
製鉄会社や化学会社など、重化学工業の会社が保有している。


仮に1kW当たり15円で売るとする。
5万kWでは75万円。
1時間当たりだ。

年間66億円の売り上げとなる。
点検等、稼働率80%としても53億円。

初期投資(十数億円)は、2~3ヶ月で回収でき、あとは大半が利益となる。
何しろ、燃料代はかからない。


小口(個人)での発電も可能。
田舎なら、わざわざ縦穴を掘らなくても、比較的急な斜面なら、そのまま設置できる。

10基1時間当たりで、200kW。
これだけで、一般家庭の半月分くらいに相当する。

年間2000万円。
働かなくても、裕福な生活が送れそう。

なんか、自分で始めたくなってきた。 (笑)



まぁ、でもこんな話は、電力業界や銀行その他から、嫌がらせをされそうです。
バックには、湯田屋がいます。

ライバルになりそうな代替エネルギー関連の研究を潰します。
そして独占しておいて、そんな代替エネルギーはないというのが、常套手段です。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters