天気と地震の関係

 
天気と地震の関連について調べています。

台風が震源域を避ける。
そんな噂があるという記事を書きました。

地震と雲に関係があることについては、見解の相違はあるでしょうが、地震雲として広く知られています。
特に直前の場合、さざなみ雲が観察されるケースが多いです。

2005年の記事のようですが、週刊誌に「積乱雲」との関係が書かれたものを見つけました。




「積乱雲」の異常発達に注意せよ 関東を襲う「落雷急増」は【M8大地震】の前兆だ[フライデー]
http://www.asyura2.com/0502/jisin12/msg/493.html
投稿者 feel 日時 2005 年 7 月 26 日 08:08:22: /berAdga6DXu.

フライデー 8月5日号7月22日付
【警告レポート】「積乱雲」の異常発達に注意せよ
関東を襲う「落雷急増」は【M8大地震】の前兆だ
http://books.bitway.ne.jp/kodansha/friday/scoopengine/article/20050805/ttl1401.html

 東京近郊が灼熱地獄に陥っている。6月28日には東京・大手町で36.2度と6月の過去最高気温を記録。梅雨明けした7月18日には気温が急激に上昇し、あまりの暑さに、30人が熱中症で病院に搬送される騒ぎが起きた。この異変を受け、いま気象関係者の間では、今年の猛暑が引き起こすであろう、ある「異常気象」が懸念されている。

「今年の夏は、東京のような大都市周辺の上空に『巨大積乱雲』が発生する可能性が高まっているんです」(気象業務支援センター・気象予報士の村山貢司氏)

 積乱雲とは、すなわち「雷雲」のことだ。

「今年の夏の高気圧は、昨年ほど強くないため、北・東日本に寒気が入りやすく、雷雲が生まれやすい環境が整ってしまった。とりわけ、大都市周辺では地表からの熱が雷雲の発達を助長するため、巨大な雷雲が誕生しかねません」(同)

 もともと「落雷」の発生件数は、近年増加の一途をたどっていた。『朝日新聞』の報道を例にとると、'01年以降は毎年微増であった落雷記事件数が、'03年の166件から'04年は202件と飛躍的に増加している。今年は、これがさらに激増する怖れが出てきたのだ。すでに今月7日には、散歩中だった前神奈川県知事の妻子が、突然の豪雨を避けるため駆け込んだ木もろとも雷の直撃を受け、二人とも死亡するという悲惨な事故が起きている。

 積乱雲の異常発生、そして落雷の増加による被害は、通常でも局地的な豪雨、停電、火災と人命を脅かす災害を招く可能性が極めて高い。だが、激増する雷被害は、さらに恐るべき巨大災害の“前兆”だという指摘がある。

「積乱雲が発生し、雷が活発に発生するということは、地殻に地震エネルギーが貯えられていることを示しています」

 このように語るのは、日本地震予知協会の佐々木洋治氏だ。

「地震の発生は、太陽から供給される電磁波の量と相関性があるという説があります。この電磁波は、台風・雷雲などの気象にも大きな影響を及ぼすのです。つまり、地震が発生する直前には、雷などの気象災害が“前兆”として発生するということができます」(同)


 雷と地震の関係についての研究は、実は'23年の関東大震災直後から、すでに進められていた。

「天災は忘れたころにやってくる」の名言を世に残した物理学者の故・寺田寅彦博士も、震災の8年後に雷と地震の因果関係を探る研究論文「地震と雷」を発表しているほどである。

 雷発生日数と過去の大地震との関係を調べてみると、確かに両者の関係が裏付けられる。まず、関東大震災が発生した'23年9月1日の前月にあたる8月の東京における雷発生日数は、8日と記録されている。8月の平均発生日数は2.5日であり、この記録はいまだ破られていない。

 また、'95年に起こった阪神大震災の直前の神戸市でも雷が多発していた。地震発生前年の'94年は、雷発生日が年間で18日も記録された。さらに震災4ヵ月前の9月には8回の雷発生日があり、これも平均1~2回という例年に比べればズバ抜けて多かった。

 こうした地震と雷の相関性は、最近ロシアなどでも注目を集めているという。

「東京で雷が多いのは、地震を起こす断層があるからです。断層から電磁波が出て雷雲が通過していく“道”が、東京上空にはできている」(前出・佐々木氏)

 加速していく異常気象は、やはり「大地震」を招き寄せているのだ。




私が支持する地震のメカニズムは、山本説である。
水素原子の核融合による爆発である。
詳細は、右下リンクを参照していただきたい。

この説に従うと、雷で地震が発生することが説明できる。
雷が落ちることは、地下に電気が流れることになり、これは地震の発生を促すことになる。
電気と地震の関係は、ウィキペディアにもあるとおり、よく知られた現象である。



地震 (ウィキペディアより)

誘発地震
人為的な原因によって引き起こされる地震。

大質量の移動による誘発
超高層建築物・ダムの建設、地面の掘削・造成、石炭・石油や天然ガスなどの採掘が地下構造を変え、地震を誘発することがある。また、ダムの貯水でも地下の岩盤における間隙水圧・応力が変化して地震を誘発することがある。
1940年には、アメリカのフーバーダム付近でM5の地震が発生した。また、インド・マハラシュトラ州西部のコイナダム付近では、1962年の貯水開始後から地鳴りと小さな地震が発生し、1967年12月10日にはM6.3の地震が起こり180人が死亡、およそ2000人が負傷した。同時期にはダムは最高水位に達しており、貯まった水の水圧によって誘発されたものだとされている[8]。

電流による誘発
地中に電流を流すことで地震が誘発されると言う実験結果がある。ソビエト連邦がキルギスの天山山脈で、2.8kAの電流を百回以上地下に流し込む実験を行ったところ、約2日後から地震が増え、数日のうちに収まるという現象が起こった[9]。

流体注入による誘発
水分やガスといった流体が地中に注入されることで地震が誘発されることがある。なお、自然界でも同様の現象が発生している(後述)。
ロッキー山脈のアメリカ軍の兵器工場で、1962年3月から深さ3670メートルの地下に放射性の廃水を廃棄し始めたところ、1882年以来80年間も地震が全くなかった場所に地震が発生し始めた。注入量や圧力に比例するように地震の数が増減した[10]。また、2007年12月にスイスのバーゼルで地熱発電に利用する蒸気を発生させるために地下5000メートルの花崗岩層に熱水を注入したところ、最大M3.4の地震が2度発生した。この地域では以前から有感地震が発生していた[11]。同様に、鉱山内のガス流体による地震の誘発作用も示唆されている[12]。



では、雷が落ちないが積乱雲の状況では、どうなのであろうか?

上記フライデーの記事である。
地震が起きる可能性があるのだろうか?

私の答えは、イエスである。
地震が起きる可能性がある。



こんなことは、おそらく私以外の人はほとんどすることがないだろう。
これは簡単な材料で、再現できる。

方位磁石とほこり取りである。
百円均一の店に行けば、簡単に手に入れることができる。

セーター等でほこり取りをこすると、静電気が発生する。
この静電気を帯びたほこり取りを、方位磁石に近づけてみよう。

すると、面白いほどに、方位磁石の針が触れることに気付くだろう。
手を止めていても動くが、手を激しく動かせば動かすほど、針の動きも激しくなる。

積乱雲、つまり雷雲の中では、空気が激しくぶつかり合い、静電気を帯びている。
この静電気が雷の元となる。
雲自体も、風に乗り、形を変えながら動いている。

そして、この方位磁石の針の触れは、HAARP検知器のfluxgateに相当する。
磁場の変化が検出できるのである。

つまり、積乱雲が発生すると、雲の中で静電気が発生し、その動きが磁場の変化となり、地下での電流の変化となり、地震を誘発することになる。
HAARP電磁波はもとより、太陽風も地震発生の原因となりうるのと、同じ現象である。




ところで、この静電気と磁場の動き。
地震だけでなく、さまざまな未知の科学現象と絡んでいるように思う。

なにしろ、この静電気。
現代科学では、どこから出てくるのかさえ、分かっていない。
静電気には、磁場がほとんどないものだと信じられきた。

だが、いま記したように、静電気にも磁場がある。
動かせば、さらに強い磁場が発生する。

そして、この電場、磁場は、空間を伝わっている。
電磁波ではないが、電場と磁場が空間を伝わっている。

これらについては、考えがまとまったら、また別の記事として書こうかと思う。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters