グアテマラで、また穴が発生

 
グアテマラで、また不可思議な穴が空いたことが話題になっていますね。
http://oka-jp.seesaa.net/article/216068088.html

グアテマラ小穴
グアテマラ小穴2

原典はこちらです。
http://news.yahoo.com/blogs/upshot/sinking-feeling-woman-finds-giant-sinkhole-under-her-203620309.html

文面を読むと、下記のように書いてあります。
she returned to find a gaping, three feet wide, 40 feet deep sinkhole beneath her bed.

(大きな音がして)ベッドの下に、穴を見つけた。

ベッドそのものや天井については、特に触れられていません。
ということは、おそらく何の変化もないのでしょう。

これだけを見ると、いかにも地下から起こったように思えます。

ですが、私の見解は、以前の大きな穴と同じです。
何者かが、天から降ってきた。
マイクロブラックホールです。

でも、まるで円柱でくりぬいたような形状。
この真ん丸い断面の縦穴。

両者とも共通です。

グアテマラ大穴

おそらくさらに小さい、原子サイズのもの。
かなりの高速で飛んできます。

以前の記事でも紹介しましたが、人体ぐらいなら軽くすり抜けるはずです。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-1254.html

なにしろ、比重が違い過ぎる。
雲の中を、飛行機が飛ぶようなものです。

あるいは、強い放射能(中性子やアルファ粒子)が、人体を通り抜けるようなものです。
大きさも、比較にならないほど、非常に小さい。

おそらく、ある一定の比重をもち、かつ、一定の量がない限り、止まったり減速したりしない。
レントゲン写真を撮ると、骨だけが写る(X線が骨で止まる)のと同じです。

おそらく、薄い屋根とベッドは難なく通過したが、地面にぶつかり大きく減速した。
原子サイズとはいえブラックホールなので、周囲のものを飲み込むとと同時に、衝突による大きな音も発生。

非常に高速で飛んでいるときは、仮に触れたとしても一瞬なので、飲み込んでいる暇がない。
だから音もしない。

でも減速して低速になると、飲み込み始める。
そして、進路に沿って、真ん丸い円柱状の縦穴となる。



では何故、グアテマラなどの、中米地域で多いのだろうか?
これはおそらく、飛んでくる方向にあるのだろう。

グアテマラを通る線上からは、割りに頻繁に飛んでくるのではなかろうか?
中米以外の場合、海中や砂漠に落ちてしまい、その場合は、おそらく誰も気付くことがないのではなかろうか?



火山の噴火を見ても分かるとおり、粉塵は粒子の小さいものが圧倒的多く、逆に大きなものになるほど少なくなる。

飛んでくるマイクロブラックホールも同様だろう。
超新星の爆発により発生し、長い距離や時間を経て、地球まで飛んできた。

現在はまだ、小さな粒子がたまに飛んでくる程度だ。
だがいずれ、それが頻繁になり、次第に粒径も大きくなってくるのではなかろうか?

もしそれが地球の近傍を通れば、地軸が傾きポールシフトが起こる。
地球の外殻だけが、ずるっと動く。

もし直撃したならば、サイズによっては地球を貫通し、大きな穴が生じる。
場合によっては、すべてが飲み込まれることも、ありえよう。





余談だが、月面はいつも、同じ方向を地球に向けている。
月の重力分布が均一ではないためだと、言われている。

達磨(だるま)さんのように、(倒しても)自ら起きようとする力が働くから、いつも同じ面を地球に向けている。

(ウィキペディアより)
月

その一方で、月の裏側なんだと言われる写真は幾らでもあるのだが、いまいち信憑性が低いのである。

そもそも、アポロによる月着陸は、疑わしいと聞く。

(空気がないため)安全な着陸方法がないうえ、引力が小さいとはいえ、あんなちっぽけな宇宙船で離陸ができるかどうか、科学的に説明が難しいのだ。

おまけに、「月の石」と称した石からは、地球上の石との違いが発見されなかった。
長い期間宇宙線に曝されていれば、何らかの痕跡が残るはずだった。

宇宙飛行士の毛利さんは、ロシアの宇宙飛行士から、アポロの月着陸はウソだと聞かされた。
こんな噂を耳にしたこともある。

どこぞの砂漠で、特殊撮影したとか、月の裏側にはUFOの基地があるとか、言い出せば切りがない。


さて、そんな月の裏側。
ひょっとして過去に、ブラックホールが、かすめて通ったのではないかと思っている。

例えるならば、齧(かじ)りかけのリンゴ。
丸いままではない。

だから、重力分布が片寄っている。
まぁ、いつもの妄想かも知れませんが。 (笑)

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters