地殻移動・ポールシフト

 
作家・小松左京氏が書いた「日本沈没」。

私が見たのは、たしか小学生の頃だったと思います。
日本の出来事、日本列島の地下・地上での出来事として描かれました。
当時としては、大胆な構成のストーリーでした。

時は変わって、映画2012年では、地球規模の天変地異として、描かれました。
巨大地震や火山の噴火、それに伴う巨大津波です。
こちらも大きな話題になりました。



さて、私は、このような地球規模の壊滅的な現象は、宇宙からやってくると考えています。
地下から自然に発生するのではなく、宇宙にその原因があり、その結果引き起こされるものだと考えています。

世界各地で、同じような洪水伝説が残っています。
また普段意識しないでしょうが、過去に地殻移動、ポールシフト、数百~千メートル以上の規模の巨大津波などが、実際にあったと信じざるを得ない証拠が、現在の地球にも「地形」や「化石」「岩塩」「冷凍マンモス」などとして残っています。

下記は、およよ版「日本沈没」ならぬ「地殻移動・ポールシフト」関連記事です。
古い方から順に読むと、話の流れが分かるかと思います。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-category-9.html

過去に実際に起こった事象であるならば、未来にも起こりえるでしょう。

おりしも先日、NASAが緊急の警告を出しています。
近いうちに何か重大な事象が起こることを、知っているように感じます。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters