総理は人形

 
菅総理を指して、「操り人形」だと言う人が結構います。
一貫性がなく、思いつき発言が繰り返されるのも、操られているからです。

もちろん、操っているのは米国。
ミンス党でありながら、いきなり増税路線に走ったり、TPPに熱心だったり。
いいように操られています。

そういえば国民新党の亀井氏は、先日遂に切れてしまいました。
郵政改革法案が、一向に進まないからです。
もちろん、米国が進まないよう圧力をかけているのでしょう。



さて、ではこの菅人形。

一体どんなものなのか?
実在するのか?
何気なく、検索にかけてみました。



そしたら、とんでもないものが、でっ出てきたのです・・・。 (およよ!!)
その名も「菅人形(すげにんぎょう)」。
「かん」ではなく、「すげ」と読むそうです。

そもそもスゲとは、植物の一種で、カヤツリグサ科の草だそうです。
結構身近な植物で、笠(かさ)とか蓑(みの)の材料になります。

(ウィキペディアより)
スゲ属


そういえば、菅笠(すげがさ)と言いますね。
ちなみにこんなもの。

(ウィキペディアより)
菅笠

蓑とは、こんなものです。
昔の雨合羽(あまがっぱ)ですね。
時代劇でよく見かけます。

(ウィキペディアより)
蓑

長い茎の繊維が、笠や蓑など、日用品の製造に便利だったようです。



さて、蓑の画像を見て気付いた人もいるのではないでしょうか?

この「菅(すげ)」。
もっと身近で、同じようなモノが・・・。

そうです。
「わら」です。

菅人形と書いて、「すげにんぎょう」と読む。
もちろん、こんなもの。

(下記サイトより)
わら人形



注:よい子は真似をしないでください!!

http://ryoshida.web.infoseek.co.jp/kaiki2/150waraningyo.htm
丑の刻参り(うしのこくまいり)(※「丑の時参り = うしのときまいり」ともいう。)

日本に古来より伝わる「丑の刻参り」は、殺したいほど憎い相手がいる場合に、その相手をワラ人形に見たててクギを打ち込みながら呪いをかけていくという呪術の一種である。

丑の刻とは、昔の時間の単位で、現代の深夜1時から3時に相当する時刻である。この時間に神社に参って行うことから丑の刻参りという。

また、その際に使われるワラ人形は一般的に「呪いのワラ人形」と呼ばれる。

▼その他人形を使った呪い

呪いのための人形は、ワラだけがその材料に使われたというわけではなく、また、呪いの方法においても、丑の刻参りだけが唯一の形式だったというわけではない。

人形に関しては、紙や泥、菅(すげ)などもその材料として用いられており、特に代表的なものは菅(すげ)人形である。

菅(すげ)とは、時代劇にも登場する「菅笠(すげがさ)」の作成に使っていた植物で、現在でもネットで菅笠(すげがさ)を販売している会社もある。

菅(すげ)人形は、ワラ人形とほとんど同じ形であり、材料がワラか菅(すげ)かの違いだけである。

ワラ人形と同様に、この菅人形の中にも呪い文を入れる。呪い文も、ワラ人形に入れるものと全く同じものであり、やはり相手の名前と年齢を書いておく。

そして呪い文を菅人形の身体に入れた後に呪いの言葉を唱える。





ウシの刻に呪いをかけるとか。

そういえば、「ウシ」の肉が放射能汚染されて、問題になっていますね。
呪いが、日本人にかけられたのでしょうか?

原因は、汚染された「わら」だとか。
キーワードが、気になります。


5寸くぎを使います。
寸(すん)とは、孫(そん)さんのことでしょうか?

発音がよく似ています。
菅総理と仲良しですね。

孫さんの名前は、正義(まさよし)
正の字は、5ですね。
数えるときに、正の字を使います。


でもまぁ、きっと何かの偶然です。
私の妄想でしょう、きっと。  (笑)

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters