6面鏡

 
円偏光。
気になっています。

蜂の巣の6面構造。
アコーディオンの6面構造。
水晶の6面構造。


今日、近所の百均に行って、万華鏡を買いました。
組み立て式のものです。

そして、鏡の部分を6面鏡に、加工してみました。

なかなかきれいですね。
6角形が、まるで蜂の巣のように、重なっています。

6面鏡


円偏光は、不斉(ふせい)合成に、有効なことが知られているようです。
不斉合成とは、光学活性のある化合物を、どちらか一方だけ選択的に作る方法です。

右手と左手のような関係にあるものを、片側だけ選択的に作り出す方法です。
普通は、作ることはもちろん、分けることも難しいです。

光学活性が大きな問題となった薬害として、サリドマイドがあります。
片側は無毒で、片側に催奇形性がありました。
当時の技術では分離が難しかったので、混合物で処方されました。

妊婦が服用すると、胎児の手足の発達が未熟なまま、出産に至ります。
(アザラシ症候群)
1960年代に、日本でも問題になりました。



不斉合成 (ウィキペディアより)

不斉合成(ふせいごうせい)とは化学的な処理過程のひとつ。 光学活性(キラル)な物質を作り分けることである。

光学活性な物質とは、分子構造が非対称なために鏡写しの構造をとった分子(鏡像体、エナンチオマー)が元の分子とは異なる物質のことである。 これらは、化学反応性や物性がほぼ等しいため分離が困難であるが、生体への作用はまったく異なっている場合がある。 そのため、鏡写しの分子のうち有用な物質を選択的に合成することが医薬品、農薬の開発に大きな貢献をした。

光学活性な化合物の合成手法としては、ジアステレオ選択的な方法とエナンチオ選択的な合成方法がある。 ジアステレオ選択的な方法とは、すでに不斉の要素を持つ化合物に対して反応を行うことで、一方のジアステレオマーを優先的に合成する方法である。
エナンチオ選択的な方法とは、不斉の要素を持たない化合物に対して反応を行うことで、一方のエナンチオマーを優先的に合成する方法である。野依良治は不斉な配位子を持つ金属錯体を触媒として、不斉要素を持たない化合物のエナンチオ選択的還元反応において有用な方法を開発し、ノーベル化学賞を受賞している。

ちなみに、光学活性な化合物を得る不斉合成以外の方法としては、ラセミ体に対して光学活性な基質を反応させて、ジアステレオマーにして分離することで光学活性な化合物を単離する方法(ジアステレオマー塩法)や、ラセミ体のうち一方と選択的に反応させることで光学的に純粋な原料と生成物とを得る方法(速度論的分割)などがある。

エナンチオ選択的不斉合成反応では基質の側鎖を少し変化させただけで、選択性(異性体の片方が過剰にできる割合)が劇的に変化する。モデル化合物で選択性の高い反応が見つかっても、有用な化合物の生産には全く役立たず、不斉触媒を使うよりもエナンチオマーの等量混合物であるラセミ体を合成して、それを分離するほうが手間がかからず、安価になる場合もある。





現在のところ、収率がまだまだ悪く、広く一般化するには、もう少し時間がかかりそうです。
でも、いずれにせよ、左右のどちらか一方だけ選択的に反応させるという点では、非常に興味深いですね。

やはり、原子の回転を制御しているようです。

もっと強力なライトがあると、面白そうですね。
ドラえもんの世界が再現できるかも知れません。 (笑)

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters