アカヒがん大賞

 
「直ちに危険なわけではない」
官邸から繰り返されたこの言葉。

多くの国民が疑問に感じる中、御用学者として、一貫として繰り返した政府よりの見解。
この論功行賞でしょうね。

反日アカヒとしては、日本国民が犠牲になることは、ことのほか喜ばしいのでしょう。
人間としての良心は、痛まないのでしょうね。




朝日がん大賞に山下俊一さん 被曝医療に貢献関連トピックス原子力発電所
2011年9月1日6時0分 asahi.com

 日本対がん協会(垣添忠生会長)は、今年度の朝日がん大賞と対がん協会賞の受賞者を1日付で発表した。大賞には長崎大学大学院教授で、7月に福島県立医科大学副学長に就任した山下俊一さん(59)が選ばれた。チェルノブイリ原発事故後の子どもの甲状腺がんの診断、治療や福島第一原発事故による福島県民の健康調査や被曝(ひばく)医療への取り組みが評価された。2日に鹿児島市である「がん征圧全国大会」で表彰する。

 日本対がん協会賞を受賞した個人と団体は次の通り。(敬称略)

 【個人】医療法人西山医院理事長、西山順三(72)▽神奈川県予防医学協会常務理事、井出研(80)▽青森県総合健診センター前理事長、吉田豊(81)▽結核予防会放射線技師協議会顧問、赤松暁(70)▽鹿児島県医師会前会長、米盛学(78)▽町立辰野総合病院前院長・元長野県医師会消化器検診検討委員長、松崎廉(69)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters