タバコ増税

 
新厚労相、タバコ税を上げるつもりのようです。

ろくなことをしないミンス党政権ですが、これについては、大賛成です。
というか、禁止にして欲しいぐらいですが。

そもそも、タバコは百害あって一利なしです。
本人はともかく、周囲に健康被害など迷惑をかけます。

健康保険も、喫煙者は、割高にすべきですね。
リスクの高い人が高い保険料を払い、リスクの低い人は低い保険料で済ますべきです。

さらには、登録制あるいは許可制にして、自動車免許と同じように、マナー教習なども必須にすべきだと思います。




小宮山厚労相、たばこ値上げに意欲…7百円位?
読売新聞 9月5日(月)15時15分配信

 小宮山厚生労働相は5日の記者会見で、2012年度税制改正に向けて、たばこ税の増税を財務省に要望する考えを明らかにした。

 たばこは1箱(20本入り)あたり約400円だが、小宮山氏は「(1箱あたり)700円くらいまでは(値上げで販売量が減っても1本あたり税収が増えるため全体の)税収が減らない」と強調し、大幅な引き上げに意欲を見せた。

 増税の理由として、小宮山氏は、先進国の中で日本のたばこの値段が安いことや、喫煙率を下げて国民の健康を守る効果があることを挙げた。小宮山氏は「昨年は(毎年)100円ずつ値上げしようと提案した。一定額を上げていくということだ」と語り、段階的に引き上げたい考えを示した。

 たばこ税は10年度税制改正で、過去最大となる1本あたり3・5円の増税が行われ、1箱が100円以上値上がりした。厚労省は11年度税制改正でも増税を要望したが、「10年度の増税の影響を見極める必要がある」として見送られている。 最終更新:9月5日(月)15時15分




まぁ、陰謀論的には、病人や障害者や老人が増えるほど、社会の負担が多くなり、社会が崩壊するわけです。
健保も年金も、そういう意味で、既に制度が崩壊しかけています。

最終的には、全国民がその社会の崩壊に、巻き込まれます。
闇の勢力にとっては、これほど都合の良いことはない訳です。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters