そろそろ金融メルトダウン開始か?

 
IMFの顧問が、ここ2~3週間のうちに、世界的な金融メルトダウンが欧州の銀行より起こると、警告しているそうです。

私もそろそろかと思っているのですが、いまのところ、意外なほどに平穏な日々が続いていますが。




http://www.prisonplanet.com/imf-advisor-global-financial-meltdown-in-2-to-3-weeks.html
IMF Advisor: Global Financial Meltdown in 2 to 3 Weeks

Zero Hedge
Thursday, October 6, 2011


A week after the BBC exploded Alessio Rastani to the stage, it has just done it all over again. In an interview with IMF advisor Robert Shapiro, the bailout expert has pretty much said what,once again, is on everyone’s mind: “If they can not address [the financial crisis] in a credible way I believe within perhaps 2 to 3 weeks we will have a meltdown in sovereign debt which will produce a meltdown across the European banking system.

We are not just talking about a relatively small Belgian bank, we are talking about the largest banks in the world, the largest banks in Germany, the largest banks in France, that will spread to the United Kingdom, it will spread everywhere because the global financial system is so interconnected.

All those banks are counterparties to every significant bank in the United States, and in Britain, and in Japan, and around the world. This would be a crisis that would be in my view more serrious than the crisis in 2008…. What we don’t know the state of credit default swaps held by banks against sovereign debt and against European banks, nor do we know the state of CDS held by British banks, nor are we certain of how certain the exposure of British banks is to the Ireland sovereign debt problems.”

But no, Morgan Stanley does, or so they swear an unlimited number of times each day. And they say not to worry about anything because, you see, it is not like they have any upside in telling anyone the truth. Which is why for everyone hung up on the latest rumor of a plan about a plan about a plan spread by a newspaper whose very viability is tied in with that of the banks that pay for its advertising revenue, we have one thing to ask: “show us the actual plan please.” Because it is easy to say “recapitalize” this, and “bad bank” that. In practice, it is next to impossible. So yes, ladies and gentlemen, enjoy this brief relief rally driven by the fact that China is offline for the week and that the persistent source of overnight selling on Chinese “hard/crash landing” concerns has been gone simply due to an extended national holiday. Well, that holiday is coming to an end.

By the way, Reuters, Shapiro is not a Yes Man -we’ll spare you the ruminations.



http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3965809.html
2011年10月08日
一気に21行も格下げ(イギリス・ポルトガル)

ムーディーズは、イギリスの12行を格下げし、ポルトガルの9行も格下げしています。

主な格下げは、ロイズが一段階、RSBが2段階となっており、中には5段階格下げされた金融機関も出てきています。

今後、更なる格下げが行われる可能性が強く、特に、イタリアは今月中にも数段階格下げされる金融機関が続出するのではないかと言われており、ジャンク格に格下げされ経営破たんする金融機関が続出すれば、イタリアの金融危機が一気に表面化します。

今はベルナンキFRB議長金融緩和発言で世界中の株式市場が買われ、金融市場が平穏となっていますが、果たしていつまで持つでしょうか?

また、ヨーロッパの金融緩和発言も飛び出し、これでヨーロッパ通貨が買われていますが、これもいつまでもつか、時間の問題だと言えます。

日本の金融機関の格下げが、全ての準備が終わるまで、行われないことを望むばかりですが、みずほの109円という株価が格下げ危機を示唆していなければ良いですが。



http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/3964896.html
2011年10月07日
株買い上げの裏で起こっている危機

イタリア国債の格下げを市場は忘れ、株を買い上げていますが、ウォールストリートジャーナル紙は以下のような記事を掲載しています。


『ローマの格下げはヨーロッパへの警告である』


また同じ紙面でインドの信用欠如につき警告も掲載されており、ヨーロッパおよびアジアの金融情勢につき、強い警鐘がならされているのです。


その背景にはギリシャ国債の更なる暴落(利回り急上昇)があります。

ウォールストリートジャーナル紙によれば、ギリシャ国債は以下のようになっています。

2年もの 表面利回り4.6% 現在利回り 73.344%


10年もの 表面利回り6.25% 現在利回り 22.34%


《2年もの利回り》は限りなく100%に近づいてきており、もはや元本5割カットという次元ではなく、元本100%カット、すなわち、【破産】を意味し始めている利回りになってきていると言えるのです。


そしてベルギーに本拠を置く【Dexia】の金融危機です。

株価が1ユーロを割り込み、0.85ユーロに暴落した時点で取引停止になり、事実上の経営破綻となりましたが、これもヨーロッパ金融市場に対する警告ともいうべき事件であり、今後ヨーロッパ中の銀行で株価暴落、取引停止、預金引き出し停止が相次いで発動され始めれば、預金者がパニックに陥り、取り付け騒ぎが起こります。


これは韓国や香港でも他のアジアやブラジル等でも起こり得る事態であり、イギリス金融大手である【HSBC】はアジア・南米の損保部門を10億ドルで緊急に売却する動きを見せています。


株買い上げで安心している投資家、一般国民が多くいますが、地下ではものすごい崩壊が急速に進んでいます。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters