朝鮮総督府への通達事項

 
893、消費者金融にパチンコ。
日本を破壊する朝鮮パワーです。


ところで、日韓併合は遠い昔ですが、既にそのとき、日本政府から朝鮮総督府へある通達が出ていました。
いわば、朝鮮人の取り扱いマニュアルです。

でも内容はいま見ても、全く見劣りしませんね。
まさに、そのとおりです。

結局のところ、諸問題が起こる源は、一番最初に記述のある「対等な関係」。
対等な関係は、習熟した人間同士でないと結べないのです。

この点を理解する必要があります。
この構図を理解し易いのは、群れを作る動物。

草食動物ではありません。
階級を作る動物です。

一番イメージが近いのは、サルでしょう。

サルには必ず、集団の中で順位がある。
一番から最下位まである。

上位のものがすべてを独占し、下位のものは服従する。
そこに対等な関係というものは存在しない。
仲良く半分ずつというのは、ありえないのです。

良好な関係は、人間が上の時にしか結べないのです。
サル回しを見れば分かりますね。

ときどき、山から町にサルが出てきて、暴れ回ります。
このときは、人間を上だと認識していないのです。
だから、放置しておくとものを盗んだり、噛み付いたりして危険です。


下記の文面、主語を替える(朝鮮人→サル)と、なにやら町中を暴れ回るサルの姿が目に浮かんでくるのは、私だけでしょうか?




http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1355.html

在日朝鮮人への注意事項


忘れてはいけないことなので、ときどき、こういうものを読んで肝に銘じておく必要があると思うのが、「併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達」です。

以下に記します。

===========


一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。

一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。

一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。

一、朝鮮人には裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。

一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。

一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。

一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。

一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。

一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。

一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。

一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。

一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。

一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。

一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。

一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。

一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。

===========

それにしても本当に困るのが、いまでは在日朝鮮人なのか、純粋な日本人なのか、なかなか区別がつかないことです。
一昔前までは、それでも国籍が日本人でないなら、免許証の「国籍/本籍」欄に、「国籍:大韓民国」とか記載されていたものなのですが、最近は、警察庁によって、国籍欄は見れなくなってしまいました。

最近では、ほんとうに在日コリアンが増えて来て、通名は使うし、在日コリアンなのか、ほんものの日本人なのか、まるでわからない。

ただ、いくつかの特徴はあるようです。

まず、やたらにお酒に強い。(もちろん純粋な日本人でめちゃくちゃ強い人もいます)
アルコールは、体内で分解されて、酢に変るのだけれど、この分解を促進するのが、アルコール分解酵素のⅠ型とⅡ型です。
日本人の約半数は、このⅡ型を持っていず、残りの8割も、ごく少量しか分解酵素Ⅱ型が少量しか分泌しません。
このため、多くの日本人は、少量のお酒ですぐに酔っぱらう(笑)。
ところがお隣の国のコリアンは、白人種と同じで、このⅡ型を大量に体内に持っています。
このため、女性でもウイスキーのボトルを2本くらい簡単に空けてしまったりします(個体差はあります)。

なんでもかんでも他人の「せい」にする傾向がある。
とにかく自分は絶対に悪くないのです。
日本人の場合、何か問題が起こると、まずは自分の努力不足を考えます。
車と車がぶつかった場合でも、普通の日本人が最初に思うのは「しまったっ!」です。
これがコリアンになると、いきなり「ワタシ、ワルクナイ。アンタ、ゼンブワルイ」となる。

いつまでも根に持つ。
とにかくいちど人のせいにしだしたら、どんなに自分が間違っていても、一切、間違っていると認めないし、謝らないし、いつまでもしつこく言い続ける傾向があるようです。

私は、コリアンだからと言って、差別するつもりは毛ほどもありません。
コリアンにも、金錫源将軍のように、実に立派な方も数多くいる。

ただ困るのは、日本人を敵だと思っているコリアンがたくさんいるということで、彼らは日本人からむしること、日本人を非難、批判することに、なにやら生き甲斐すら感じている傾向があることなどについては、非常に危惧します。

日本は、米国のように、フランス系アメリカ人とか、イタリア系アメリカ人とかというように、「~系日本人」という表記を完全に実行できる社会にすべきであると思います。

出自を明確にし、出自に恥じない生き方をする、ということが、日本人として最低限の慣習であると思うからです。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters