カナリア諸島の現況

 
カナリア諸島の群発地震。

情報量が少ないので、その後どんな状況なのか、よく分かりません。
なんでも、新しい島が出現したとか。

問題は、崩落の前兆があるのか、どうかですが。




海底火山噴火で島が出現「見ろ! あそこに島ができるぞ!」
【社会ニュース】 2011/11/11(金) 20:47  サーチナ


  現在活発に火山活動が続いている、アフリカ・カナリア諸島(スペイン領)近海の海底火山。2011年10月10日に噴火が確認された後に、近隣住民は避難している。かなり活発な活動が続いているのだが、最近この影響で新しい島の誕生が確認されたようである

  島にはまだ名前がないのだが、同諸島の南西端に位置するエル・イエロ島からでも見える位置に出現したという。その島が誕生する瞬間の一部始終が、動画で公開され話題を呼んでいる。

  現在新島は、海面からわずかに顔を出しているようだが、専門家によればこのまま噴火が続けば、エル・イエロ島に到達する可能性があるようだ。島の南端の港は船舶の停泊を禁止し、航空機の飛行を制限。また、島民600人以上が避難を完了しているのだが、軍はさらなる避難活動のために待機している。

  噴火の影響で島の周辺では、地震が頻発している。最大震度マグニチュード4.3を含む地震が、すでに1万回以上観測されているのである。カナリア諸島での噴火活動は、1971年ラ・パルマ島の噴火以来、初めてのこととなる。そして、エル・イエロ島では1793年に火山活動が起こり、1カ月間も続いたそうだ。

  このことについて、火山活動の専門家ファン・カルロス・カレセッド氏は、「(噴火は)数週間から数カ月間にわたって続くかもしれない」と説明している。

  新島誕生の瞬間を撮影した動画を見ると、激しい噴火を繰り返しながら、少しずつ海面下から島が隆起する様子を確認することができる。広範にわたって硫黄が広がる海の姿は、不気味といわざるを得ない。いずれにしても火山活動が鎮静化に向かい、島民がいままで通りの生活を取り戻せると良いだが……。

  参照元:MailOnlineyoutubeMaryGreeley(英語)(情報提供:ロケットニュース24)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters