橋下市長「現業職再試験」…不正採用洗い出し?

 
不祥事のメッカ:京都市役所にも劣らない、なかなかの役所ですね。
そう、大阪市役所。

殺人を筆頭に、殺人未遂や覚せい剤で、わずか2年ちょっとの間で、85人も処分されているのだとか。
例のごとく文面にはありませんが、同和が絡んでいますね。
マスゴミが仲間であることが窺(うかが)えます。

構図は、京都市と同じでしょう。
現業職員採用の人事権を、実質的に同和団体が握っている。
893の6割は同和。

893を採用するから、当然次々と事件が発生する。
市役所職員が事件を起こすのではなく、事件を起こす893を採用することが、根本的な問題です。

橋下さんの「道州制」にはあまり賛成しませんが、生活保護の見直しとか、こういった不祥事に対する取り組みについては、私は評価しています。




橋下市長「現業職再試験」…不正採用洗い出し?

読売新聞 12月13日(火)14時55分配信

大阪市不祥事

 不祥事が多発する大阪市の現業部門の職員について、「採用経緯を全部明らかにし、問題があれば再試験」とした橋下徹新市長の発言が波紋を広げている。

 ごみ収集や道路清掃など現業職員の採用を巡っては、議員や労働組合の口利きがあったとする証言が後を絶たず、「パンドラの箱を開けることになる」との指摘もある。一方、不正採用が発覚すれば、市幹部は「免職以外にない」としており、組合側は「再試験で及第点に届かない職員の大量免職が、橋下氏の狙いでは」と警戒している。

 ◆停職以上の65%

 「職員の不祥事は目に余るものがある

 市長選に当選後、初めて市役所を訪れた橋下氏は今月5日、現業職員の選考方法や競争倍率を報告するよう、真っ先に総務局へ指示した。

 市が昨年実施した調査では、平松邦夫市長が就任した2007年12月以降、10年3月末までに停職以上の処分を受けた職員は85人で、うち約65%にあたる55人が現業職員だった。ライフル銃を使った殺人、葬儀業者からの「心付け」受け取り、覚醒剤の使用などに加え、4日には健康福祉局の職員が殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。橋下氏は「採用プロセスを示さないと納税者の理解が得られない」と語気を強めた。

 ◆不透明な採用

 市の現業職員は1万2412人(10月現在)で職員全体の3分の1を占める。人口規模で上回る横浜市の2・5倍に達し、全市町村で最多。06年度以降は採用を凍結しているが、以前は「営繕」「土木」など19職種について部局ごとに採用してきた。

 各局の人事担当者は「適切に選考してきた」とするが、かつて募集要項は、事業所の掲示板に短期間貼り出されるだけ。試験があるのを知っているのは市関係者らごく一部で、職員が親類縁者で占められた職場もあったという。

 不透明な採用は議会でも再三問題になり、「いつ募集があるのか、一切市民にはわからない」「特定の者だけが受験する不公正な状態だ」と閉鎖性が批判されてきた。

 さらに、複数の市関係者は「過去には応募時に議員や組合などの推薦や紹介などの口利きがあった」と話す。「議員枠」もあり、知人の応募書類の脇に議員名を書いたり、市側に受験番号を伝えたりして合格を働きかける動きがあったとの証言もある。

最終更新:12月13日(火)14時55分


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters