どこに落ちる??

 
北朝鮮がミサイルを発射するそうです。
なかなか、難しい方向に打つようです。

東に逸れて近距離に落下すると韓国、日本(沖縄、九州)に。
西に逸れて近距離だと中国(上海、台湾、東シナ海)に、
もう少し飛ぶとフィリピンに、インドネシアに、
さらに飛ぶとオーストラリアに落ちます。

まぁ、地球の動きまでは計算してませんが。

北朝鮮ミサイルの軌跡2

よほど自信があるのでしょうか?
それとも、何か不測の事態を引き起こすつもりでしょうか??



北朝鮮衛星発射予告 米韓、「挑発」と批判
2012年3月17日 朝刊 東京新聞

 【ワシントン=竹内洋一、ソウル=篠ケ瀬祐司】北朝鮮が地球観測衛星打ち上げのためのロケット発射を予告したことに対し、日米韓は十六日、一斉に反発し、自制を求めた。米国務省のヌランド報道官は声明で「極めて挑発的な行為だ」と厳しく非難し、長距離弾道ミサイル発射の一時停止を約束した二月末の米朝合意にも「矛盾する」と指摘した。

北朝鮮ミサイル発射

 韓国外交通商省は、「朝鮮半島や北東アジアの平和と安全に脅威を与える重大な挑発行為だ」と批判する報道官談話を発表。「実用衛星」であっても、北朝鮮に「弾道ミサイル技術を使用したすべての発射停止」を求めた国連安全保障理事会決議一八七四号に違反すると警告し、「深刻な憂慮」を示した。

 日本政府は北朝鮮のロケット発射予告を受けて、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。野田佳彦首相はラオスのトンシン首相との会談で「発射は明確な国連安保理決議違反だ。関係国と連携しながら、強く自制を求めていく」と述べた。

 田中直紀防衛相も衆院安全保障委員会で「米国などと緊密に連携を取って、情報収集、警戒監視に万全を期したい。緊張感を持って当たる」と語った。

 日米韓は今後、北朝鮮に挑発行為をやめさせるため、六カ国協議参加国をはじめとする関係各国との連携を強める方針だ。




北朝鮮は、実は米国が裏で操っています。
こういう無法者国家がある方が、米国にとっては都合が良いためです。

兵器は売れるし、情報も頼られる。
日本単独では何もできないのです。

危機が身に迫ると、ぼったくりの商売ができます。
冷戦終了後、こういう構造に変わりました。

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters