亀井代表解任劇はクーデター!?

 
もめてますね。

国民新党の亀井代表解任の件、党規約に解任の規定がないそうです。
ということは、まさにクーデターですね。
法律的ではありませんが、根拠がない解任劇になります。

あとあとまで、尾を引きそうですね。



国民新・下地氏「代表を解任」 亀井氏は無効と反論
2012/4/5 20:25 (2012/4/5 22:11更新)  日本経済新聞


 国民新党の下地幹郎幹事長は5日夜、記者会見し、亀井静香代表と亀井亜紀子政調会長の解任を決めたと発表した。連立離脱を主張する亀井代表と、連立残留を求める下地氏ら6人の党内対立が収まっておらず、残留派による「議員総会」の決定だと説明した。党規約などに代表解任の規定はない。亀井代表は解任決定は「無効」と強調。混乱は一段と深まっている。

 下地氏によると、新しい代表には自見庄三郎金融相、政調会長には浜田和幸外務政務官を充てるという。自民党は連立を巡る国民新党内の対立が続く場合、国会審議に応じない構えを示しており、代表解任の形で事態収拾を狙った。代表解任の理由は「連立を維持するという党の決定を独断で握りつぶし公党を私物化した」としている。

 亀井代表は記者団に「(解任決定は)有効なわけがない」と指摘。亀井亜紀子氏は記者会見で「クーデターだ」と批判した。

 議員総会の後、下地氏は国会内で民主党の輿石東幹事長、樽床伸二幹事長代行らと会談し、亀井代表の解任を報告した。この後、樽床氏は記者団に「正式な手続きを取って役員人事が行われた。連立はこれまで通りだ」との認識を示した。

 国民新党の党則では「代表は党の最高責任者」、党規約では「役員は議員総会で選出する」とそれぞれ定めているが、代表や政調会長の解任に関する規定はない


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters