伊勢市で海水の干退現象が発生

 
伊勢市で、異常現象が観察されているそうです。
海水が干退する現象です。

地震の前兆現象かもしれません。

参考のため、麒麟地震研究所の見解を下記に載せておきます。
http://twitter.com/#!/kirinjisinken

岩盤が割れて、海水が引き込まれている可能性があるとのことです。

麒麟見解 20120411




夫婦岩“全身”あらわに
2012年4月11日 中日新聞


夫婦岩
岩肌があらわになった夫婦岩や周囲の岩礁=伊勢市の二見興玉神社で


 伊勢市二見町江の二見興玉(ふたみおきたま)神社で十日、海に浮かぶ名所の夫婦岩周辺の潮が大きく引き、夫婦岩の全体の姿がすっぽりと現れた。干満の差が中ぐらいの中潮(なかしお)の時期に当たるが、神社に十三年ほど仕える神職は「夫婦岩がこんなに完全に海面から出るのは見たことがない」とびっくり。珍しいという。

 神社によると、干満の差が最大となる大潮のときでも通常、夫婦岩の男岩(おいわ)(高さ九メートル)と女岩(めいわ)(四メートル)のうち、男岩の最下部は海水に漬かっている

 この日は少なくとも午後から、男岩のほか、周囲の岩礁もあらわになるほど潮が引いた。同様の光景は九日も見られた。

 第四管区海上保安本部(名古屋市)によると、計算上は潮位に異常はないという。津地方気象台によると、近くの鳥羽の十日の干潮時の潮位は予測値よりも若干低めだったが「それでも誤差の範囲内。気圧が潮位に影響を与えることもあるが、原因は分からない」と首をかしげている。  

  (渡辺大地)


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

現在の閲覧者数: free counters