受刑者にも原発賠償!?

 
福島刑務所の受刑者。
原発事故の被害を訴えているのだそう。

そして実際に、他の住民と同額(8万円)の損害賠償を、受け取ったのだとか。
もちろん、原資は税金からです。

悪いことをして捕まって、税金で養ってもらっているうえに、損害賠償??
なんだかなぁ~、本末転倒というか、世も末というか…。

そもそもこれは、一般の住民に対して、日常生活に不便をかける(かけた)ことに対する賠償金。
刑務所の中は、元々不自由なのであって、原発事故があろうとなかろうと、関係ないでしょ?


そして彼らの裏側には、いつもの人権団体。
そもそも人権と名のつく団体や法律に、ろくなものはありません。

犯罪者の、犯罪者による、犯罪者のための人権です。
一般市民には適用されません。



東電、受刑者にも原発賠償 福島刑務所80人、1人8万円…全員なら1億3600万円
2012.7.4 07:34 SankeiBiz

福島刑務所

 東京電力福島第1原発事故を受け、福島刑務所(福島市)の受刑者80人余りが東電に住民賠償を請求し、一律8万円の賠償を受けていることが3日、法務関係者への取材で分かった。一部の受刑者が東電から書類を取り寄せ請求。賠償金が支払われたため、所内で口コミで広がったという。

 専門家の間では、受刑者に正式に周知されていないため公平性に問題があるとの声がある一方、賠償金の一部は税金が充てられることから「住民と受刑者を同列に扱うことはおかしい」といった異論も出ている。

 住民賠償は政府が指定した警戒区域、計画的避難区域などを除く福島県内23市町村の全住民が対象。自主避難したかどうかを問わず、8万円が支払われる。

 福島刑務所によると、昨年3月11日の震災当時、女性用の支所も含め計約1700人が収監されていた。

 東電は「受刑者も精神的苦痛、被曝(ひばく)の恐怖にさらされたという意味では住民と同じ」として、当時の受刑者全員が賠償対象になると考えていたが、受刑者への周知は見送られた。案内文を送付する場合は刑務所から受刑者の名前などの情報を得る必要があり、プライバシー保護の観点から問題があるとされたためだ。

 しかし、一部受刑者が所内で閲覧可能な新聞やテレビで賠償の情報を知り、東電から書類を郵送で取り寄せ、賠償を請求。現金8万円が支払われると、口コミで広がり、80人超の受刑者が次々と請求したという。

 福島刑務所は「今後も請求する受刑者が増える可能性は十分ある」としており、全受刑者が請求した場合、賠償額は約1億3600万円に上るとみられる。

 NPO法人監獄人権センター副代表の海渡雄一弁護士は「賠償を受ける権利は全受刑者にある。東電と刑務所は、受刑者に賠償請求の方法を伝えるべきではないか」と指摘する。

 これに対し、元最高検検事の奥村丈二中央大法科大学院教授(刑事法)は「介護や仕事、学校の都合で避難せずやむを得ずとどまった住民と、移動の自由のない受刑者を同列に扱い、同額の賠償をすることに違和感を覚える」と話した。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters