引き渡し不能が発生(穀物)

 
穀物が実らず、またその価格も急騰しています。
これにより、引き渡し不能が相次いでいるようです。

いよいよ日本でも、食料不足が現実化してくるかもしれません。

日本の食糧自給率は、名目で40%弱ですが、実質的には確か2%ほどです。
牛豚鶏などは、外国産の飼料で、飼育されているからです。
さらには、種子や肥料も、外国に大きく依存しています。

一方、都市部では、田畑は住宅や商業地に変わりました。
田舎では、耕作が放棄されて、荒れ放題のところも多いはずです。

でも、農地は、一朝一夕には、回復しないのです。
農業を侮らない方が賢明です。



http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4247415.html
2012年07月20日
引き渡し不能が発生(穀物)


アメリカの大干ばつを受けて穀物価格が急騰していますが、この急騰で引き渡し不能が相次いで発生しており、今後この干ばつがさらに拡大すれば、アメリカは穀物輸出全面停止を発表するかもしれません


アメリカは穀物の戦略在庫を保有しており、米国民が困るような事態にはなりませんが、日本や中国は違います。


アメリカが穀物輸出規制戦略を発動すれば備蓄を全く保有しない日本は大混乱に陥ります。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters