日王って誰?

 
部長に向かって、課長と呼んでしまった…。
あるいは、社長に向かって、専務と呼んでしまった…。

冷や汗ものですね。
サラリーマンをやったことがある人なら、経験があるかもしれません。

人事異動の直後ならまだしも、ある程度時間が経ってからこう呼んでしまったら、お互いに気まずい雰囲気に陥ります。
まぁ、風通しの良い職場なら、別でしょうが。

でも確信犯だったら、許すまじき言動だと、誰もが思うはずです。

自社内ならともかく、取引先の人をそう呼んだら、さらにことは大きくなります。
気を悪くした相手が、取引を中止にすることもありうるからです。


さて、韓国大統領の日王発言。
これは、まったく同じ内容なのです。

謝罪だのひざまづけだのという以前の、大きな問題です。

王は、天皇(皇帝)より、格が下なのです。

古代より、朝鮮には皇帝は存在しなかった。
王しかいなかった。
王とは、(中国)皇帝の家臣。

天皇と呼ぶと、その時点で自分たちが格下であることを認めることになる。
だから、王(日王)と呼ぶのです。

でもどの新聞を見ても、日王とは書いていないですね。
天皇と記されています。
物事の本質を、正確には伝えていません。

(19日放送) 長島氏、韓国大統領は「常軌を逸している」 竹島「出るところに出る」
2012.8.19 17:21

 沖縄・尖閣諸島や島根県・竹島などをめぐり緊迫の度を増す隣国との外交・安全保障関係について、民主党の長島昭久首相補佐官や自民党の石破茂元防衛相らが論戦を繰り広げた。

 --政府は香港の活動家らを意図的に意図的に上陸させたのか

 長島氏「上陸させるべきではなかったが、風があり波も高く、最後の手段でやむを得ず上陸させた。シナリオがあったわけではない」

 --不法上陸した14人は強制送還となったが

 石破氏「(14人が)れんがを(巡視船などに)ぶつけても公務執行妨害にはならないのか、もっと法律の適用を厳格に考えないと、この国は法治国家ではなくなってしまう」

 --海保が事件のいきさつを撮影したビデオは公開されていないが

 長島氏「2年前の中国漁船衝突事件の教訓があり、前原誠司政調会長も公開すべきと言っている。政府としてきちっと公開すべきかは判断すべきだ」

 --日本政府は穏便に済ませようとしたとの見方がある

 石破氏「まず野田佳彦首相が、どういう理由でこのような対応をしたかを説明するのが当たり前だ」

 --今後、大漁船団が来たらどう防ぐのか

 長島氏「上陸を許したのは問題だった。今回の事件の背後に中国の意思があるのかをしっかりと分析し、真剣に考える」

 石破氏「大きな船を出すなど、海保の対応能力を上げるべきだ。相手を刺激してはいけないと言って、国益を損ねてはいけない」

 --東京都から尖閣諸島への上陸許可申請が出たら政府はどうする

 長島氏「出された段階で検討する。国が尖閣諸島を購入する方向で東京都と調整中であり、推移を見守っていただきたい」

 --韓国の李明博大統領が天皇陛下に謝罪を求めた発言については

 石破氏「陛下を『日王』といった物言いは日本国民への侮辱だ

 長島氏「一国の指導者としては常軌を逸している。領土問題で韓国が譲らないというなら出るところに出て結論を出すしかない。国際司法裁判所に単独提訴するかも含め、総合的に判断したい」

 --尖閣、竹島、北方領土と問題が同時発生している

 石破氏「日米同盟が揺らぎ始めたのがそもそもの発端。ロシアも中国も韓国も今のうちに既成事実を積み重ねようとしている」



そもそも日王って人は、日本にはどこにもいません。
マスゴミも、勝手に翻訳しない方が良いと思います。

ところで、李明博・元ソウル市長!!
日王って誰ですか?

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters