これって、着払いかも?

 
日本国首相の親書を、韓国側は、書留で返送することに決めたのだとか。
手渡しだと拒否されたからです。

でも、着払いで、料金請求されたりして…。(笑)
できるのかどうか知らないけど。

まぁ、如何に非常識な国であるか、自分で示していることに気がつかないんでしょうな。

暴れ回るサルに苦労する調教師。
どうしても、このサル回しの姿が目に浮かびます。

韓国、首相親書を書留で郵送…返却拒否され

 韓国の聯合ニュース(電子版)は23日夜、李明博イミョンバク韓国大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求に遺憾の意を表明した野田首相の親書について、日本側が返送受け取りを拒否したことから、書留郵便での送付措置が取られたと報じた。

 聯合電は郵便がどこから送られたかなど詳しい経緯に触れていないが、東京の在日韓国大使館が外務省宛てに送付したとみられる。

 聯合電によると、この日、韓国大使館の参事官が外務省を訪れて親書を手渡そうとしたが、外務省側は大使館車両の正門通過を許可せず、参事官の面談要請も拒否したという。韓国政府当局者は「(日本の)外務省の正門を(韓国の外交官が)通れなかった」としたうえで、「やむを得ず、書留郵便を通じて、野田首相の親書を外務省に発送した」と明らかにした。

(2012年8月23日19時08分 読売新聞)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters