米連銀は、ドル紙幣を刷ることを止めた?

 
米連銀は、ドル紙幣を刷ることを止めた。

下記サイトに、こんな話が載っています。
ホンマかどうか知りませんが。


紙幣は古くなると回収され、新しいものに交換されます。
それが止まることにより、古い紙幣だけが流通することになります。

腐る紙幣というか、破れる紙幣とか、文字が消える紙幣ですね。
使い古されて、いずれ、役に立たなくなります。

自国通貨として使っている国では、影響が大きそうです。
海外で流通している紙幣は、偽札も含め、いずれ役に立たなくなります。

誰か対象地域に住んでいる人で、実感がある人がいれば教えて欲しいものです。

ただし、米国内では大量の在庫があるとの噂も聞きます。
経済危機のときのために、準備しているのだとか。

http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-253.html

米連邦準備銀行は、米ドル紙幣を刷ることを止めた。その結果、刷りすぎた米ドル紙幣が古くなって使えなくなっても新しい米ドル紙幣とは交換されない。エクアドルなど、米ドルを自国通貨として使っている国が世界にいくつか存在するため、その影響は大きい。

・12月末までに、米ドルが紙くずになる。米ドルでモノを購入することができなくなる。紙幣以外の資産を確保することをすすめる。自宅を所有し、裏庭に野菜を作る。金や銀を購入するなどだ。グローバルエリートは、今後、金本位制度に戻すつもりである。また、デジタルマネーを導入する計画だ。



下段については、下記の噂との絡みでしょうか?

また、そもそもFRBの設立は、時限立法によるもの。
期限を迎え、FRBは、今年だか来年だかに解体される。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

調べてみました。

はじめまして、

アシュラでこのトピを知りました。

私はアメリカ在住で、小さな店を経営しています。
店にあるお札ほとんど調べてみました。
2009年以降の札は一つもありませんでした。
たぶん、印刷していないと確信しました。

緊急時のことを想定して多少は現金を安全なところに保管しているのですが、
半分は現物の金や銀に交換したほうがいいのかもしれませんね。

いい情報をありがとうございました。

Re: 調べてみました。

しんはっけんさん、情報ありがとう。

ドル紙幣には、発行年が記載されていましたね。
2009年以降がないとのこと。
他国だけでなく、米国内でも出回っていないのですね。
ますます怪しいですね。

3~4年ほど前の情報ですが、明らかに通常を大きく超える量の紙幣用インクが、日本の某インク会社から米国当局に納入されていたそうです。(雑誌情報)
つまり、何らかの紙幣が、大量に印刷されている。

新ドルか、アメーロへの切り替えを目論んでいるんでしょうね。
いつ切り替えるか、その時期を探っているのでしょう。

切り替えの際に、国外で流通しているドルに対しては交換に応じないのではないかなど、噂も流れていますね。

No title

おはようございます。

>新ドルか、アメーロへの切り替えを目論んでいるんでしょうね。
いつ切り替えるか、その時期を探っているのでしょう。

半年ほど前、ニュースの経済面でお金がでるシーンで
何度も新札をプリントする場面を見ました。
実際にはまだ一度も手にとって見たこともないドル紙幣でした、

ついでにコインも調べてみました。
コインは2012年が一番新しいものです。
だからコインは継続して使用可能になるものと思います。
すなわち、札で現金を隠し持つよりは
すべてコインへの変換が安心かと思われます。

レートが変わってもコインは交換の必要がないと判断できます。
暴動で家を焼き払われてもコインなら原型をとどめて
残る可能性は札よりは確実です。

何もおきないことを祈ります。

Re: No title

しんはっけんさん、情報ありがとう。

やはり、近い将来のデノミに備えているようですね。

紙幣より、硬貨の方が安全だと思います。
金や銀は、没収される可能性もあるので、要注意です。

No title

2009年まで?まっさか~と思い、
去年海外旅行のため日本の銀行で購入した1ドル札の残りを見てみました。

・・・すべて2009でした。

Re: No title

がらがらぽんさん、情報ありがとう。

どうやらこの噂、本当そうですね。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters