盧溝橋事件から学ぶべきこと

 
日中戦争のきっかけとなった盧溝橋事件。

橋を挟んで対峙する日本軍と中国・国民党軍。
このとき、双方が銃撃を受けました。

日本軍は、国民党軍による攻撃だと思い込み、
国民党軍は、日本軍による攻撃だと思い込んだ。

この事件が、日中戦争の発端となった。

しかし、真実はどちらでもなかった。
中国・共産党軍が、両者を攻撃したというのが真実です。

何しろ、本人たちが、そうだと証言(自白)している。
当時の共産党のパンフレットにも、こう書かれていたのだそう。



現在の尖閣諸島を巡る攻防。

これも過去の歴史を振り返れば、事態の進展がある程度、予測がつくのではなかろうか?
役者は、当時と同じなのである。

日本軍  ⇒ 日本(海上保安庁巡視船or自衛隊)
共産党軍 ⇒ 中国(工作船or中国軍)
国民党軍 ⇒ 台湾(工作船or巡視船)

日本が、海上保安庁巡視船や自衛隊を出さなければ良い。
そういう意見もあろうが、ここで引いたら、次は沖縄、その次は九州へと侵略してくるだろう。
中国はそういう国なのだ。

加えて、自作自演も考慮する必要があろう。
自作自演は、あらゆる難問や高い壁を、一気に解決してしまうだけの力を秘めている。

特に、夜間の活動には、注意が必要だと思う。

日本はともかくとして、中国あるいは台湾の船が沈む。
工作船はともかくとして、軍または巡視船が沈んだ場合、事態は一気に緊迫化する…。

そういう気がしてならない。

http://teikoku-denmo.jp/
81.仕掛けられた「日中戦争」 ── 盧溝橋事件の真実(2000.11.7)


昭和12(1937)年7月7日夜半、北京の南を流れる盧溝河に架かる橋 ── 盧溝橋(右写真)を舞台に「日中戦争」(支那事変・日華事変)が勃発しました。当時、盧溝橋の近くで、現地に駐屯していた日本軍は夜間演習を行っていたのですが、不意に暗闇から銃撃を受けました。日本軍駐屯地の近くには、支那・国民党軍(蒋介石軍)も駐屯していたのですが、銃撃を受けた日本軍は、その銃撃が国民党軍によるものと思いこみ、遂に日本軍と国民党軍の武力衝突 ── いわゆる「盧溝橋事件」が起こったのです。そして、この事件を契機として、日本は広大な支那大陸を舞台に、昭和20(1945)年8月15日の終戦迄、「日中戦争」と呼ばれる終わる事の無い戦争の泥沼へと引きずり込まれていったのです。戦後半世紀を経た現在でも、支那が事ある毎に「日本軍国主義」の歴史的事実として引っ張り出す「日中戦争」。そして、その発端となった「盧溝橋事件」が、実は支那側によって仕掛けられたものだったと言ったら、皆さんはどう思われるでしょうか? と言う訳で、今回は、「日中戦争」の発端となった「盧溝橋事件」について書いてみたいと思います。


盧溝橋事件。結論から言えば、「日中戦争」の発端となったこの事件は、決して日本軍が仕掛けたものではありません。日本軍が最初に銃撃を受けた際 ── つまり演習をしていた際、日本軍は「丸腰」(演習の為、実弾を携行していなかった)だったのです。ですから、橋本群・陸軍中将(駐屯軍参謀長)も当時の状況を、「実弾を持たずに発砲された為、応戦出来ず、非常に危険な状況に置かれた」と証言しています。それは、そうでしょう。「丸腰」の所を銃撃 ── しかも、暗闇からの銃撃を受けたのですから、堪ったものではありませんでした。しかし、支那現政権は日本軍が先制攻撃したと言い、村山富市・元首相も当地を訪れた際、「盧溝橋で往事を反省してきた」等と寝惚(ねぼ)けた発言をしています。その様な事は到底あり得ないのです。考えても見て下さい。「丸腰」で演習していた日本軍が「銃撃を受けた」と称して、自ら好きこのんで「武装」しているであろう国民党軍と事を構えたでしょうか? これこそ「暴論」と言うものです。


それでは、盧溝橋で先に銃撃したのは、国民党軍だったのか? 実は事件当時、当の国民党軍も、日本軍同様、銃撃を受けているのです。盧溝橋で銃撃を受けた日本軍は国民党軍によるものと思い込みましたが、反対に、国民党軍は日本軍によって銃撃を受けたものと思い込んだ訳です。この事件が発端となって、日本軍と国民党軍は交戦状態に突入したのですが、双方共、腑に落ちない点があり、現地解決・事件不拡大方針で交渉、事件発生後5日目に、日支両軍は停戦協定を結んだのです。つまり、日本軍はこれ以上、事を荒立てたくは無い、と言った訳で、支那との全面戦争等、最初から欲してはいなかった訳です。しかし、それでは、日本軍・国民党軍双方に「銃撃」を加え、双方を戦わせる様にし向けたのは、一体「何者」だったのでしょうか?


7月8日、つまり、「盧溝橋事件」発生の翌日、支那共産党は「対日全面抗戦」を呼び掛けているのです。これは、どう見ても、お膳立てが良すぎます。まるで、「盧溝橋事件」が起きる事を知っていたかの様な手際の良さです。と言うよりも、間違いなく共産党は、事件が起きる事を知っていました。それは、何故か? 実は、「盧溝橋事件」は何を隠そう、共産党による「謀略」だったからです。つまり、共産党の工作員が夜陰に乗じて、盧溝橋付近に駐屯していた日本軍・国民党軍双方に発砲し、両軍が交戦する様にし向けたのです。その証拠に、共産党軍の兵士向けのパンフレットには、


「盧溝橋事件は我が優秀なる劉少奇同志(後の国家主席)の指示によって行われたものである」
とはっきりと記述されていました。
又、昭和24(1949)年10月1日、「中華人民共和国」成立のその日、周恩来首相も、

「あの時(盧溝橋事件の際)、我々の軍隊(共産党軍)が、日本軍・国民党軍双方に、(夜陰に乗じて)発砲し、日華両軍の相互不信を煽って停戦協定を妨害し、我々(共産党)に今日の栄光をもたらしたのだ」
と発言しています。共産党自らが「自白」しているのですから、これ以上の証拠はありません。


「盧溝橋事件」は、共産党による「謀略」だった。当時、国民党に対して劣勢だった共産党は、「起死回生」を図る為、日本軍・国民党軍双方を戦わせて疲弊させ、「漁夫の利」(つまりは、支那全土の支配権)を得ようと考えたのです。結果的に狙いは的中し、日本はその後、8年間の長期にわたって、広大な支那大陸を舞台に「日中戦争」を戦わされる羽目になりました。更に、その後、共産党は国共内戦で国民党に勝利し、遂に支那全土の支配権を獲得、「中華人民共和国」を建国(1949年)したのです。その意味においては、「盧溝橋事件」とは、日本軍が共産党軍(支那)に「填(は)められた」訳で、「日中戦争」とは、日本が支那に「仕掛けられた」戦争だった訳です。




   余談(つれづれ)


江沢民(支那国家主席)は事ある毎に、日本の「過去の戦争責任」・「正しい歴史認識」等と称しては、「日中戦争」によって「中国を侵略」した日本を糾弾し、「反省とお詫び」を要求しますが、そもそも、「日中戦争」の発端となった「盧溝橋事件」は、共産党軍が日本軍に仕掛けた訳で、「正しい歴史認識」と言うのであれば、先ず、「盧溝橋事件」における共産党軍の姑息な謀略行為を公式の場で認め、夜陰に乗じて日本軍に対して銃撃・挑発した事を「謝罪」すべきです。そして、「日中戦争」と言う両国の間に横たわる「不幸な過去」を招いた責任を自己批判すべきでは無いでしょうか?



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

アメリカは衰退していくと思いますが、
そうなると、日本人は自力で日本国を守らないといけませんよね。

しかし、このままではチベットと同じか、
日本憎しの中国はそれ以上の残虐非道を行うと思います。

最新の装備を整えていても、国の方針がないのですから、
そう楽観はできないと思います。

これまでは、まさか戦争など、と太平の世できましたが
そろそろ、それも終わりとなるでしょう

台風は神風ではありませんし、
アメリカもいつまでももちませんよね。

先程ちょうど、沖縄戦を扱った書籍【『生命(いのち)』沼内恵美子著、文芸社】を読了したところです。
彼女は、有名な【ぬまゆのブログ】の発信者で、ブログでお名前も携帯No.も明かにしています。
大変、読み応えのある、示唆に富んだ圧巻でした。

ご承知の通り、戦争や紛争は『わざわざ対立構造を作り上げ、衝突を起こす』に起因すること多です。
(続く)





(続き)
いま日中、日韓で軍事衝突が起きれば、一番ウハウハするのはどの国か?どんな人達か?
まんまとその罠に嵌まって『日本の若者の血が流れる事態』は見たくありません。
中国、朝鮮半島だけを見て反感を募らせるは危険かと。(目に余る事象は多々ありますが…)

改めてご紹介します。
ぬまゆさんとはTELにて数回、またご著書など伺い、たいへん真摯な方、との所見を抱いています。

【ぬまゆのブログ(その3)】
http://numayu.blogspot.jp/?m=1




Re: No title

CPさん、こんにちは。

カルタゴが良い例ですね。
国防を放棄すると、いずれこのようになります。
http://blogs.yahoo.co.jp/koudookan/38764300.html

上品で、育ちが良くて、金持ちで、頭も良い優等生。
でもひ弱で優柔不断。
憧れる人も多い中、いじめを受けやすいタイプでもあります。
小学生のころ、クラスに1人くらいそんな子がいたと思います。

いまの国際状況を見渡すと、その子が日本ですね。
いじめを受けないためには、本人が強くなるしか、本質的な解決方法はありません。

Re: タイトルなし

星の王子さん、こんにちは。

>中国、朝鮮半島だけを見て反感を募らせるは危険かと。

そう、その通りですね。
軍事力で戦うのは、失なうものが多いです。
だからこそ軍事行動の前に、抑止力(核兵器)や、情報活動やサイバーで戦うべきなんですが、何しろこっちもまったくの手つかずの状態。
情けない限りです。


科学情報として、ホルミシス効果という現象を紹介しています。
微量の毒物は、かえって身体を健康にするというものです。
防御システムが活性化されるためです。

軍事についても同様でしょう。
少しくらいなら小競り合いがあった方が、大局的には、日本という国もより健康になるはずです。
もちろん、度が過ぎないように、気を配る必要はありますが。

↑の、およよさんの『国防』にかんするご意見、私もほぼ同様に、日頃より案じています。
実行力の不確かな『日米安保条約』が、ある意味、足枷になり、日本の『国防力』は脆弱そのものと言えます。スパイ防止法さえない。アンビリーバボー!です。国民もスッカリ『平和ボケ』にされてしまった。
海外の知人は『日本はもう終わってる。知らないのは日本人だけ』と言っています。

まず、憲法改正、公務員改革、日銀法改正、教育改革など、『国内強化』の必要あり、と。

『ホルミシス効果』、311以降、取り上げられていますね。あれもこれも『健康に良い範囲』に収まることを願うばかりです。

『わたし達』でもできる良策

これは一石数鳥の『有効手段!』
民間の『頭脳戦!』

【静かに進む韓国、中国対応】

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/lite/archives/4301967.html

No title

「日華事変」の発端は、「盧溝橋事件」というよりは「通州事件」というのが一般。日本人が中国の組織的テロを今でも恐れるのは「通州事件」があるから。
「通州事件」は蒋介石の仕業で、これ見よがしに撮った写真を「南京虐殺」の被害として逆に利用しているとか。中国と戦争をするのではなく、「通州事件」の首謀者である蒋介石軍閥を討伐するのが日本軍の行為であって、故に日本では「日中戦争」とは呼ばず「日華事変」という。
西安事変で蒋介石と中共が通じたように、尖閣で習近平と馬英九が何処かで通じ、仲間の石原慎太郎が鉄砲を撃ったと言うことでしょう。

Re: No title

unknownさん、こんにちは。

通州事件は悲惨でした。下記が参考になります。

http://teikoku-denmo.jp/
 歴史再考:84.支那人が避けて通る恥部 ── 通州事件(2001.1.7)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1581.html
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5108888.html (閲覧注意)

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters