世論調査は、地デジでリアルタイムですべき

 
マスゴミは、真実を報道しない。
マスゴミは、正義の味方ではない。

もはやもう当たり前のことなんですが、いまだに多くの人はテレビと新聞を信じ切っています。
洗脳されると、もはやどうにもならないものなんですね。

地デジには、双方向の機能がありますね。
青・赤・緑・黄の4色ボタンです。
見るだけでなく、クイズに答えたり、投票したりできます。

インターネットにつながっていることが前提ですが、過疎の町などごく一部は別として、現在では相当普及しているので、この機能を使って、世論調査を生で行うべきですね。

内閣支持率とか、政党支持率とか、もういい加減な数字を発表するのは、やめて欲しいものです。

そもそも現在のこういった調査は、ごくごく少数の人に電話をかけて、回答を得るという方法です。
インターネットだと、もっとはるかに多数の意見を聞くことができ、しかも瞬時にでき、そのうえ只でできる。
つまり、調査に費用がかからない。

リアルタイムでできて、手作業でないから、集計に漏れや勘違いも出てこない。
まさに、いいことづくめです。

困るのは、都合が悪いデータが出てしまうことと、調査会社が儲からないこと。
本末転倒な理屈のために、真実が表に出ない仕組みになっています。



地デジはリアルタイム世論調査ができるが偽キムチマスコミがなぜしないかそれは都合のよい数字が出せないからである。
http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/219.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2012 年 10 月 02 日 10:21:45: /puxjEq49qRk6


先日の東京MXや毎度毎度の朝生ファックスのようにその気になれば簡単にできるのである。
なぜそれをしないか、それは電通抜き、米国抜き、偽ユダヤ抜きの中抜きになるからである。
中抜きで数字が出てくると連中お得意の出鱈目の数字が発表できないからである。
それとスポンサーに報告している視聴率が出鱈目である事もばれてしまい広告収入が減ってしまうからである。
しかし地デジ以前ネット以前であればテレビ局様や新聞社様の出す数字を有り難く頂戴せよと言う事もできただろうが社員は偽キムチだらけで報道は嘘だらけで偽ユダヤの言いなりというのがバレた今となってはその手法は通用せず世論調査プロセスをガラス張りにするかそんな面倒な事はせず中抜きのリアルタイム調査をすればいいのである。
昨日毎日が安倍不支持55%という数字を出したが日テレの自民党支持39%が出鱈目である事を物語っている。
なんだか分からないが自分に都合のよい数字をピックアップしている訳ではないのだが偽キムチマスコミの出鱈目世論調査をつき会わせると大体のところが分かるようになってきてしまったが部下の曖昧さや嘘を見抜く事に比べれば簡単な事であり社会人経験の40年のネットじじいであれば尚更で論理的に考えずとも分かるだろう。
それが人生経験というものでありそこが偽キムチと偽ユダヤのアホなところで各社横並びの数字を出させたり自由にさせたりするものだからニッチから綻びが出て例によってネットじじいが丹念にその綻びを巻き取られてしまい嘘の言い訳をする事も各社の数字の違いを自分の頭の中で整合性をとる事もできずパニック状態にあるといった所だろう。
当然小沢新党支持率0.6%も嘘っぱちで既に不正開票の地ならしであるとばれてしまいもうそれもできまい。
偽キムチマスコミも偽ユダヤも地デジで視聴者を自由自在にマインドコントロールする筈だったのだろうが逆に自縄自縛になってしまった訳で馬鹿丸出しである。
こうなったら潔く君子豹変でリアルタイム世論調査に踏み切って汚名返上と名誉挽回を図るべきである。

 


日本の地上デジタルテレビ放送 (ウィキペディアより)

双方向サービス

青・赤・緑・黄の4色ボタンを利用して視聴者参加型クイズやアンケート、投票を行うことができる(ワンセグも含む)。ただし「双方向番組」といっても受信機から局に向けて電波を飛ばすことはできないので、インターネット接続することで実現される。

しかし多大なコストが掛かることや2011年7月24日までに予定されている地上アナログ放送の停波実施までの期間は地上アナログ放送とサイマル放送をする都合上、通常編成で導入している番組はワンセグ以外ではNHK総合テレビの『あさイチ』(火曜日のみ。ただし、祝日は番組自体休止となる)と日本テレビ系の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ制作)、独立UHF局であるテレビ神奈川(tvk)の『SOLiVE モーニング』(ウェザーニューズ制作)と『NEWS 930』・『NEWS FRIDAY』しかない。以前放送されていた番組では、テレビ朝日系の『奇跡の扉 TVのチカラ』が双方向機能を利用して捜査依頼や目撃情報を受け付けていた。また日本テレビ系の『サプライズ』でも出演者のイメージアンケートを行い、それを基にクイズが出されていた。特別番組ではNHKの『紅白歌合戦』『歴史の選択』『天下統一』、TBS系の『オールスター感謝祭』、テレビ朝日系の『テスト・ザ・ネイション』などで双方向番組が行われている。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

先に巡回閲覧した井口和基氏のブログで
「日本終了!ついに韓国人が大臣となる!」
http://quasimoto.exblog.jp/18970242/
と嘆いておられました。
「偽キムチ」の意味がよく分かりませんが、キムチの方は本物では?
和製キムチと言う意味かな?

Re: No title

unknownさん、こんにちは。

帰化人や混血を含めれば、首相も含めてかなりいるかと。
たしか、戦前にもいたはずです。
まぁ、問題となるのは、戦中戦後にやってきた連中です。

偽キムチは、勘違いでしょう。
偽という言葉を使いたければ、偽日本人というのが正しいでしょう。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters