離於島は、日本の防空識別圏内

 
中国と韓国とが争っている離於島。
島といっても、実際は島ではなく、海面下にある岩礁です。

場所は、中韓の境目にあるこの辺り。

(ウィキペディアより)
蘇岩礁

そこに韓国は、こんなものを作った。

(出典不明)
蘇岩礁 韓国基地

さすが893国家。
島でもないものを領土だと主張し、たいそうな基地まで作った。

ところが、…。
この場所は、日本の防空識別圏(下図、赤色部)内なのだとか。(笑)

(ウィキペディアより)
日本の防空識別圏2

だから、日本に届け出がない場合、スクランブル発進の対象になる。
つまり、戦闘機が飛んでくる。

韓国は、これが怖い。
だから、必ず日本(自衛隊)に断わってから、やってくるのだとか。
威張っている割には、へたれですね。

防空識別圏 (ウィキペディアより)

空軍力への対抗

自国の航空機が平和時に他国の防空識別圏内を飛行する場合には、事前に飛行計画を提出することで望まない偶発的紛争や軍事的緊張が高まるのを防ぐよう配慮されていると一般的には理解されている。ただ、この防空識別圏は国際法で確立したものではなく、領空、領土の範囲を定めたものではない。

多くの国において領海は12海里に設定されており、他国機が領海上空の領空を侵犯してから領土上空に到達するまで、旅客機でも1分強、超音速軍用機であれば数十秒あれば可能であり、領空侵犯を確認してから対応するのでは手遅れになる危険がある。従って領空の外周の空域に防空識別圏を設定し、届けのない航空機が防空識別圏に進入した時点で空軍力による強制措置を含む対応がなされる。そのためのスクランブルは、当該機が防空識別圏に進入する姿勢を見せた時点で行われることが多い。



ちなみに、この防空識別圏。
領土領空とは別の概念。

飛行機の場合は、移動速度が速い。
超音速機の場合、わずか数十秒しか猶予がない。

領空侵犯を確認してからでは遅いのだ。
だから、領土領海よりも外側に広く設定してあるのだそう。

http://kirk.nobody.jp/keii.html
日中中間線


http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11372285563.html
イオド(離於島)の防空権、実は日本が持っていた(笑
2012-10-05 23:36:23NEW !


韓国が中国と管轄権で争っているイオド(離於島)。
過去エントリーでは、海の中にあるものが島かよ・・というツッコミをいっぱいもらえました。

過去エントリー(中国がイオドの監視を強化するという内容)
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11363559005.html

韓国が海洋科学基地まで設置して管轄権を主張しているこのイオドですが、実はこのイオド上空を飛行するには日本の承認が必要なことが分かりました。
実際、今年だけ17回、韓国軍の航空機は日本の許諾を受けてからイオド上空を飛行することができたそうです。
イオド上空は日本自衛隊が統制権を持つ、防空識別区域の中にあるからです。

1951年3月、米空軍は韓国の防空識別区域を設定しながら、イオドは含めませんでした。
(韓国では「抜かりがあった」としていますが・・・米軍から見ても韓国の管轄区域では無いと思っていたのかもしれませんね。曇れ!僕のコス(ク)モ・・・)
ま、とにかく、その後、イオドは日本の自衛隊統制区域に含まれました。
韓国政府はイオド上空を韓国に返して(?)欲しいと日本に要請しましたが、日本の返事はNoでした。
だから、2008年、韓国は防空識別区域を告示しながらイオドは除外しました。
記事では「イオドを除外したのは明らかな間違いだった」とか、「日本がこっそり自分たちの区域に含ませた」とか書いてありますが・・・
実は韓国こそ、イオドの管轄権はおろか、それが何なのかも知らなかったのではないでしょうか。
何か面白かったので、エントリーしてみました。
http://media.daum.net/politics/newsview?newsid=20121005213308192




ところで竹島。
場所はこの辺り。

(ウィキペディアより)
竹島の位置

地図を見比べてみると、どうやらぎりぎりぐらいで、日本の防空識別圏に入っていなさそう。

でも、この防空識別圏。
領土領海とは、全く別の概念。

任意に設定できるのではないか?

判断基準は、自国の領空侵犯されるおそれがあるかないか、それだけだ。
もしそうならば、面白いことになる。

竹島を含む空域にまで、日本の都合で、勝手に決める。
相手国(韓国)の都合は、まったく考慮しない。
日本の領土領海を守るためだからである。

スクランブル発進させるか、させないか。
そのための基準に過ぎない。

スクランブル発進されたくなかったら、日本に届け出るだけである。
でも、たったこれだけでも、韓国にとっては大きなプレッシャーになるのではないか?

まぁ、できるかどうかは知らないが。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters