お父さんから卵子、お母さんから精子

 
お父さんから卵子、お母さんから精子。
これらを使って、子供を作る。

噂によると、iPS細胞を使えば、こんなことができるのだそうです。

この場合、どっちがお父さんで、どっちがお母さんになるのでしょうか??
訳が分からなくなりますね。

同じ理屈で、同性のカップルから子供を作る…。
これも可能なんだそうです。

ここまで来ると、確かに倫理的に問題がありますね。
悪用されないことを祈ります。

iPS研究所に倫理専門家を…山中教授が意向

 山中伸弥・京都大教授は8日夜の記者会見で、自身が所長を務める同大iPS細胞研究所(京都市左京区)に、研究倫理の専門家を迎える考えを示した。

 iPS細胞(新型万能細胞)は、あらゆる種類の細胞に変化できる性質があるが、最近、マウスの実験で精子や卵子へ変化させた例が報告されている。この手法が悪用されれば、落ちている髪の毛から精子などを作製し、それを受精させ、髪の毛の持ち主が知らないうちに子どもが誕生するような事態が起こりかねない。

 そうした問題を回避するため文部科学省は指針を策定。人間のiPS細胞やES細胞(胚性幹細胞)を精子や卵子に変化させる研究は認める一方、それらを受精させることは禁じている。

 iPS細胞は比較的簡単な方法で作製でき、応用研究は加速度的に進むとみられる。研究機関や研究者は、現行の指針を守るだけでなく、新たに起こる倫理的課題に迅速に対応していく必要がある。そのため、科学研究と同時に、社会とのつながりを重視した倫理面での研究を進める必要性が指摘されていた。

(2012年10月9日 読売新聞)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters