ロシアで銀行の紙幣から“2万倍”の放射線量

 
銀行の紙幣から、82ミリシーベルトの放射線が…。
丸1日浴びれば、死にそうなレベルですね。

お金持ちほど、犠牲になります。
といっても、現金に限りますが。

何かのテスト実験でしょうか?
怪しい雰囲気を感じますね。

ロシアで銀行の紙幣から“2万倍”の放射線量 (ANN) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/846.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 10 月 11 日 12:40:50: igsppGRN/E9PQ

ロシアで銀行の紙幣から“2万倍”の放射線量
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221010045.html
10/10 17:33 ANN

銀行で引き出した紙幣から通常の2万倍にあたる放射線量が測定されました。思わぬ事態にロシア中が大騒ぎになっています。
     ◇

ロシアで銀行の紙幣から82ミリシーベルト検出
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11376665328.html
2012-10-11 07:10:00 まっちゃんのブログ

モスクワ南部に住む年金暮らしのエレーナ・ギオルギエブナさん(61)

年金をめぐり、ロシア中が大騒ぎになっている。

エレーナさんはいつものように歩いて5分とかからないこちらの銀行

にやってきました。そこで年金5万ルーブル分の年金を引き出しました。

その紙幣から高濃度の放射能が見つかりました。

死ぬほど大量の放射能に汚染された紙幣」と地元メディアが報じた。

事の経緯はこうだ。銀行から帰ってきたエレーナさんは、寝室に戻り

ベットの下に紙幣を隠しました。2日後、エレーナさんが異変を感じたのが

料理をしている最中でした。線量計が異常な数値を示したのだ。

クランベリーの近くに線量計を置いたら、表示は危険を意味する

黄色になっていました。家中を調べた結果、お金が隠してある

寝室にたどり着きました。原因はマットレスの下に隠した年金

5万ルーブルでした。測定した結果、82ミリシーベルトが検出されました。

通常の2万倍
です。

市民は、「国家が市民の安全や健康を気にしていない事を証明したと思うわ。」

銀行は原因を明らかにしていないが、原子力発電所や放射能関係企業に

流通した後、銀行に入ってきたとみられる。

ソース
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221010045.html



元々紙幣には、微量の放射線をもつ特殊なインクが使われることがあります。
まぁ、特殊なインクといっても、夜光塗料の一種なのですが。

ドル紙幣には使われているそうです。
ClAが工作資金として、このインクの存在を知らないまま、印刷したことがあるそうです。

出来上がったのは、精巧な偽札。
そしてそのまま、市中へ流通し…。

偽札をつかまされた側は困りますね。
まぁ、わざとかも知れませんが。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters