法相陳謝??

 
ミンス党が暴力団とずぶずぶの関係なのは、いまさらって感じですが。
それにしても、マスゴミも援護射撃に忙しいですな。

あたかも30年も昔のことのように書いていますが。

仲人を務めたのなら、30年間の付き合いといった方が適切でしょう。
こういう付き合いは、完了形じゃなくて進行形のはずですが。

そもそも交友のあった男性というのが893なのでは??
そういう気がしますが。

「暴力団関係者だとは知らなかった」
ではなくて、本音はまさか自分が大臣になるとは思わなかったでしょう。

万年野党でいる限り、厳しい追及はあり得ませんから。

法相陳謝“暴力団関係者と知らず”
10月12日 13時4分 NHK

田中法務大臣は、閣議のあとの記者会見で、過去に暴力団関係者と交際があったと一部で報道されたことについて、事実関係を認め、「暴力団関係者だとは知らなかった」などとと陳謝したうえで、「職務を果たしていきたい」と述べ、閣僚を辞任しない考えを改めて示しました。

この中で田中法務大臣は、過去に暴力団関係者の結婚式で仲人を務めたと一部で報道されたことについて、「30年ほど前、地元で交友のあった男性から、息子の仲人を頼まれたので引き受けたが、暴力団関係者だとは知らなかった。あとになって知った」と述べました。
また、田中法務大臣は、同じころに暴力団関係者の宴会に出席していたという一部の報道について、「知り合いに誘われて行き、その場で気付いた。形式的なあいさつはしたが、すぐに退席した。宴会に出席したのはその1度きりで、暴力団を利用したり、便宜を図ったりしたことはない」と述べ、いずれも事実関係を認めて陳謝しました。
そのうえで田中法務大臣は「多くの方々にご心配やご迷惑をかけ、指摘を受けたこと自体、不徳の致すところで、反省している。深くおわび申し上げたい。責任を取るというよりも、むしろ仕事をしっかりと行い、職務を果たしていきたい」と述べ、閣僚を辞任しない考えを改めて示しました。

官房長官“辞任の必要ない”

藤村官房長官は閣議後の記者会見で、「田中法務大臣から閣議の前に、『きょう、きちんと説明する』と報告を受けた。それを信じるということだ」と述べました。
そのうえで、記者団が「田中大臣の続投に問題はないか」と質問したのに対し、藤村官房長官は「そのこととは何の関係もないと思う」と述べ、辞任の必要はないという認識を示しました。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters