悪い冗談

 
悪い冗談ですね。
まぁ、いつものことながら、ノーベル賞の中でも、平和賞だけは怪しさ満点。

過去には、テロリストや世界的詐欺者が選ばれたことさえあります。

中東でたびたび起こる暴動やテロ。
いったいどこの国が、彼らに武器を提供しているのでしょうか??


ノーベル平和賞に「ヨーロッパ連合」

10月12日 19時4分 NHK

ことしのノーベル平和賞に、ヨーロッパ27か国が加盟し平和と共存の理念のもとに統合を進めながら、現在、厳しい経済状況に置かれている、EU=ヨーロッパ連合が選ばれました。

ノルウェーのオスロにあるノーベル賞の選考委員会は、日本時間の12日午後6時すぎ、ことしの平和賞にEU=・ヨーロッパ連合を選んだと発表しました。
ヨーロッパ27か国が加盟するEUは、多くの犠牲者と国土の荒廃をもたらした20世紀の2つの世界大戦の反省を踏まえ、平和と共存を最大の理念として設立されました。
選考委員会は受賞理由について、「EUはいま厳しい経済状況や社会の混乱に直面しているが、平和と和解、民主主義と人権の確立という大きな成果を挙げてきた。EUはヨーロッパを争いの地から平和の地へと変えた」としています。
EUでは現在、ギリシャの財政危機を発端に信用不安が広がり、世界経済にも大きな影響を及ぼしており、発足以来最大の危機に直面しているともいわれています。
選考委員会としては、EUが困難な状況の中でも発足当初の理念を失うことなく、統合を進めてほしいというメッセージを込め、平和賞に選んだものとみられます。
ノーベル平和賞の受賞を受けて、ヨーロッパ議会のシュルツ議長はツイッターで声明を発表し、「受賞は大変名誉なことだ。EUは和解の象徴であり、戦争を平和に変え憎しみを団結に変えたほかに例を見ない取り組みだ」とコメントしています。

第二次世界大戦の反省踏まえ設立

ヨーロッパの27か国が加盟するEUは、第2次世界大戦の反省を踏まえ、戦争を二度と繰り返さないことを最大の理念として設立されました。
フランスとドイツなどが中心となりモノやサービスの流通を目的として1958年に設立された「ヨーロッパ経済共同体」がEUの母体となっています。
その後、イギリスやスペインなど加盟国が増え続け、市場を統合した「ヨーロッパ共同体」を経て1993年にEU=ヨーロッパ連合が発足しました。
さらに2004年にはかつて社会主義体制だった東ヨーロッパ諸国が加盟、2007年にはルーマニアとブルガリアが加わり、現在の27か国体制となりました。
地域の経済発展とヨーロッパの融合を促しました。




平和賞 欧州では反応さまざま
10月13日 4時6分 NHK

ことしのノーベル平和賞にEU=ヨーロッパ連合が選ばれたことについて、ヨーロッパでは首脳らから歓迎の声明が出される一方、「平和賞の受賞にふさわしくない」といった意見もあるなど、さまざまな反応が出ています。

イギリス

イギリス外務省は、12日、「ヨーロッパの平和と和解を促進するEUの歴史的な役割が認められたもので、将来に向かってこうした努力を続けなければならない」と評価する声明を出しました。
一方、ロンドン市民からは、「EUが平和のために多大な努力を行ったのは明らかだ」と歓迎する声が聞かれる一方、「信用不安が続きギリシャやスペインで暴動まで起きている中での受賞の決定は奇妙だ。EUには問題に断固として対処する強い政治意思が欠けている」と受賞を疑問視する意見も聞かれました。

フランス

フランスの大統領府は、12日声明を出し、「大変な名誉だ」としたうえで、「ヨーロッパに対し、結束を保ち経済成長と雇用を促進するよう、より大きな責任を与えるものだ」として、受賞を励みに信用不安の克服に取り組む姿勢を強調しました。
一方、パリの市民の間からは、「信用不安が続くEUに自信を与え、前進させるものになる」と歓迎する声がある一方、「EUは平和主義というよりは、加盟国が勝手にふるまい、個人主義に陥っている」とか「中東の民主化に貢献した人のほうが、EUよりふさわしい」など、今回の受賞に疑問を呈する意見も聞かれました。

ドイツ

ドイツの首都ベルリンの市民の間では、「受賞によって、我々はドイツ人やフランス人といった違いを乗り越えて、ヨーロッパ人という意識を強く持てるようになると思う」などと歓迎する声が聞かれました。
その一方でドイツでは、ヨーロッパの信用不安で財政難に陥った国々に多額の支援を強いられていることへの不満が広がっており、40代の男性は「信用不安の中でEUが受賞にふさわしいのかどうかはわからない」と述べ、受賞を疑問視する声も聞かれました。

ベルギー

EUの本部が置かれているベルギーの首都、ブリュッセルで、30代の男性は「ヨーロッパの結束を促す良い知らせだ」と歓迎していました。
また、大学生の女性は「EUは平和にも貢献したが、移民の問題だとか様々な葛藤もあるのに平和賞を受賞するというのは正しいのかどうか」と話し、戸惑いを隠せない様子でした。
更にブリュッセルを訪れているスペイン人の中年の女性は、「EUが平和のために何をしたのか私には理解できない」と疑問を投げかけていました。

ギリシャ

EUから緊縮策の実行を求められているギリシャの国民からは、歓迎の声があがる一方、懐疑的な意見も聞かれました。
60代の男性は「EUは現代のヨーロッパにおいて平和や民主主義、人権の面で最も重要な組織です。受賞をうれしく思います」と歓迎していました。
一方で別の50代の男性は、「ギリシャは今、EUのせいで厳しい状況に置かれている。なぜEUが受賞するのか理由が分からない」と不快感を示していました。
深刻な財政危機に陥っているギリシャは、EUなどから多額の財政支援を受ける代わりに増税や年金の削減などの緊縮策の実行を迫られており、ギリシャ国民の間ではEUに対する根強い反発があります。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

オリンピックもノーベル賞も、何だかスカットしませんね。
微妙なお祭り気分?

【ノーベル賞の存在価値】
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/lite/archives/4312984.html


Re: タイトルなし

星の王子さん、こんばんは。

まぁ、極論すればノーベル賞は、湯田屋の湯田屋による湯田屋のための賞です。
独占すると批判が出るので、適当に他の民族も混ぜている。

文学賞で村上春樹が候補に挙がっていましたが、彼は過去に湯田屋批判をしているので、今後も受賞することはないでしょう。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters