地震時に著しく危険な密集市街地

 
東京、大阪にお住まいの方。
この辺りだけは、避けた方が良さそうです。

地震や津波で助かったとしても、火事でやられるそうです。
「延焼危険性又は避難困難性が高く、地震時等において最低限の安全性を確保することが困難である」

あなたの地域は大丈夫? 国土交通省が「地震時に著しく危険な密集市街地」を発表 / 東京・神奈川を中心に197地区
ロケットニュース24 2012年10月16日18時00分

国土交通省はこのほど、2011年3月に閣議決定をした住生活基本計画(全国計画)をもとづき、全国の市区町村を対象に調査した「地震時等に著しく危険な密集市街地」を発表した。それによると、東京は全国的にみてもっとも危険が潜んでおり、神奈川・大阪がこれに続く。あなたのお住まいの地域は大丈夫だろうか?

(東京都、クリックで拡大)
東京の危険地域

(大阪府、クリックで拡大)
大阪の危険地域
 
地震時に危険な密集地の判断基準について、「密集市街地のうち、延焼危険性又は避難困難性が高く、地震時等において最低限の安全性を確保することが困難である」(国土交通省HPより引用)と説明している。全国の市町村で密集地が多い地区の上位は以下の通りだ。
 
・「地震時に著しく危険な密集市街地」が多い市町村(抜粋)
品川区(東京) 23地区
横浜市(神奈川) 23地区
北区(東京) 21地区
墨田区(東京) 19地区
京都市(京都) 11地区
 

都道府県別では東京113地区、神奈川25地区、京都13地区、大阪11地区となっている。注目すべき点は、密集市街地の面積だ。地区数では圧倒的に東京が多いのに対して、面積では大阪(2,248ha)が東京(1,683ha)を上回っている。広範囲に危険が潜んでいることがうかがえる。

日頃から防災意識を持ち、避難経路や避難場所について把握しておいた方が良いだろう。

参照元:国土交通省



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

こんにちは。

福島の人達が「もう諦めムードで、話すのもタブー」と言ってるように
私達、関東圏に住む者も、いろいろ危険は承知ながら、現実問題、「たいして打つ手がない」のが、哀しい現状です。

事態が起きれば、車も使えないでしょうし。(ガソリン補充や食料保存くらいは気にしていますが…)
富士山噴火でも火山灰に埋もれます。

311の折りも、交通とまり、街灯や信号が消え、ガソリン不足、店の食料棚カーラッポ、etc. etc.
大変だったのに、一年半後、人々は何もなかったかのように、無関心に生きています。むしろ、そういう話を嫌がります。
一種の「自己防御反応」でしょうか?


Re: タイトルなし

星の王子さん、こんばんは。

そういう人も多いのでしょうね、きっと。
自分の身内でさえ、そうですから。
「起きたら起きたで諦めるしかない」とか言っておきながら、実際に起こったら諦めきれないのでしょうが。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters