魂の正体?? (簡易版)

 
人間の魂。
いったい何なのでしょうね。

あなたが思い描く霊。

男性でしょうか、それとも女性でしょうか?
どのくらいの年齢で、どんな特徴がありますか??

髪の長い、若い細身の女性。

これは私が思い描く像ですが、多くの方で共通するのではないでしょうか?
まぁ、映画やTVの影響もあるでしょうが。



人間の身体は、、僅か30種類程度の元素からできています。
もちろん、生き物ではありません。

タンパク質の元:アミノ酸は、僅か20種類程度。
遺伝子:DNAになると、僅か4種類。

重要なのはその配列です。
並び順に意味がある。

これらから、タンパク質ができ、細胞ができ、組織や器官ができ、最終的に個体が出来上がっています。
元々生命ではないものから、生命はできています。

とにかく不思議だけれど、認めざるを得ない事実です。



魂は、電磁波のようなもの。
私はこう思っています。

だからこそ、物体に乗り移れる。
化学でいう、励起という現象です。

原子は電磁波等のエネルギーを吸収して、一段高いエネルギー状態になる。
魂の本体が、物質ではないからこそ、こういったことが可能になる。

でもこの電磁波。
いわゆる光のような電磁波ではない。

光ならば、秒速30万キロメートルで、一瞬のうちに通り過ぎてしまうからです。

電場と磁場がありながら、動き去らない。
これに該当するものは、1つしかない。
静電気です。

通常は電気の性質の方が強いが、もちろん、動かせば磁場も生じます。
静電気の粒子が、その場で回転すれば、光のようには動かなくても、それが振動になります。

単なる静電気ではなく、1次元、2次元、あるいは3次元的に、何らかの配列をもった静電気の集合体。
この静電気の振動エネルギーを吸収して、原子が励起する。

まぁ、この静電気の集合体。
これ自体は魂の着ている上着のようなものであって、まだまだその下には何かあるのかもしれませんね。

いずれにせよ、当たらずとも遠からず。
そういう気がします。



さて、以前から気になっているこれ。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-1020.html

大幣(おおぬさ)と読みます。
神社で見かけますね。

(ウィキペディアより)
大幣(おおぬさ)

宮司さんが、お祓いを受ける対象者の頭付近で、右に左にと振りますね。
このとき穢れ(けがれ)が移ると考えられています。

仏教で使うこれ。
払子(ほっす)と読みます。

(ウィキペディアより)
払子(ほっす)

虫や埃(ほこり)を取るものだそう。

一方、現代人が良く使うのはこれ。
ホコリキャッチャーです。

ホコリキャッチャー

これらは、同じ目的で、同じような使い方をしている。
これは偶然でしょうか?

静電気の除去。

宮司さんが行なっているのは、静電気を取る作業ですね。
宗教的な面を除外すれば。



思い返せば私、昔から静電気に悩まされています。
家族で私だけですね。

冬になると、もう大変。
車や部屋のドアノブを触ると、火花が飛びます。



さて冒頭の霊。
髪の長い女性です。

この髪の毛。
静電気が貯まりやすいですね。

ということは、招かざる霊を引き寄せているということ??
その霊障により、本人もそっちの世界へ導かれてしまった…。

こんなふうに感じるんですが。

まぁ、私の妄想ということで。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

では。。。

ショ-トヘアの方が良いと言う事でしょうか?若い頃★友人がロングヘアだから霊感がありそう♪と言った事ありますがあたらずとも遠からずだったの?

Re: では。。。

マリコさん、こんばんは。

まぁ、私の妄想ですから。
長い髪だけでなく、身に着けているものも影響しそうですね。
たとえば、毛皮のコートとか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters