中国の新しいパスポート地図  尖閣は描かれず

 
<追記> 2012/11/29 地図を入手。



う~ん、これはどういう意味だろうか?

中国が発行した新しいパスポート。
近隣諸国との紛争地が中国の領土として描かれた一方で、尖閣諸島は描かれていなかったのだとか。

この状況を見ると、中国の真の狙いも見えてくるかも知れない。

中国の新パスポートの地図、南シナ海や台湾を自国領に 周辺国が一斉抗議
AFP=時事 11月26日(月)16時21分配信


【AFP=時事】中国が今年発行した新パスポートの地図で南シナ海(South China Sea)のほぼ全域と台湾の観光地2か所、さらにインドとの係争地などが中国の一部として描いていることが明らかになり、各国が相次いで抗議している。フィリピンとベトナムが22日、台湾は23日に中国に抗議。インドは対抗措置を開始したという。

【図解】南シナ海の領有権問題

南シナ海の領有権問題


 問題となっているのは、生体認証用のコンピューターチップが埋め込まれた中国の新パスポート。南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島、Spratly Islands)や西沙諸島(英語名:パラセル諸島、Paracel Islands)など南シナ海の島々が中国の一部として描かれている。日本と中国が領有権を争う沖縄県の尖閣諸島(Senkaku Islands、台湾名:釣魚台、Diaoyutai)は、この地図では中国の領土として描かれていなかった

 フィリピンのアルバート・デルロサリオ(Albert del Rosario)外相は22日、地図は「国際法違反の法外な海域領有宣言」であり「強く抗議する」と述べ、中国政府に正式に抗議文書を送ったと発表した。フィリピンは南沙諸島の一部の領有権を主張している。

 ベトナム外務省報道官も同日、中国の新パスポートがベトナムの主権を侵害していると述べ、中国大使館に抗議したと記者団に語った。

■台湾の人気観光地、中国の一部に

 また、台湾の人気観光地、日月潭(Sun Moon Lake)と清水断崖(Cingshui Cliff)も、中国の一部としてこの地図に描かれていた。

 台湾の馬英九(Ma Ying-jeou)総統は23日、「苦労して獲得した台湾海峡(Taiwan Strait)越しの現状の安定を一方的に損う行為」を中止するよう中国に要求する抗議声明を発表した。

 台湾の大陸委員会は「(台湾は)独立主権国家である。双方が別々に統治されてきたことを中国は認識し、論争的な問題に直面した際には自制するべきだ」と批判した。

■インドと中国の係争地も

 地図には中国とインドの係争地、アルナチャルプラデシュ(Arunachal Pradesh)州とアクサイチン(Aksai Chin)も中国の一部として描かれていた

 これに対してインド政府は、訪印中国人の査証に係争地をインドに含めた地図を押印する措置を開始したという。匿名を条件に取材に応じたインド外務省高官は24日、「われわれが認識するインドの地図が描かれた査証の発行を始めた」と語った。

 中国政府はこの問題が外交に影響を及ぼさないよう沈静化を狙っている。中国の外務省報道官は「(地図は)特定の国を標的にしたものではない」と述べ、「関係国と活発な会話を維持し、人的交流の健全な発展を促したい」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News



ちなみに私がよく参考にするprinceofwales1941氏。
こんなことを推測している。

尖閣と竹島の問題。

実は日本と中国は、裏でつながっている。
両者とも、韓国を滅亡させたいことで一致している。
苦々しい思いをしているのだ。

また、北朝鮮は、実は旧日本軍の残党が作った国。
これらの事実も含め、いずれ重大な発表がなされる。

そこで謀略を計画。
こんなシナリオだ。

まず中国が尖閣問題で日本を煽り、それに乗じた韓国を日本との紛争におびき出す。

実際に、中国による尖閣問題が、韓国による竹島問題をおびき出した。
でも、中国の反日は当局によってコントロールされているが、韓国の場合は制御不能。

韓国では、親日では生きていけない。
おまけに国民のレベルが、あまりに低過ぎる。

次は、これらの問題を紛争(実戦)に移す段階。

まず、中国が日本に仕掛けてくる。
言葉とは裏腹で、日中間の紛争を、実は米国も心の底では望んでいる。

一方、事大主義の韓国。
中国の動きに乗じて、我もとばかり竹島周辺で日本と衝突。
いったん衝突すると、政府も軍部も国民世論も制御不能となる。

ところが中国は、頃合いを見て、日本と停戦で和解する。

引き際を失なった韓国は、自衛隊との戦闘で壊滅。
頃合いを見て、北朝鮮が韓国全土に進出、占領し、朝鮮半島を統一する。



韓国は極東アジアにおけるイスラエル。
周辺諸国は、みんな苦々しい思いをしている。

これが理解できると、周辺諸国の狙いも読めてこようというもの。

さて、どうなるか??



<追記>
地図を入手。
尖閣が含まれないというのは、微妙かなぁ?
台湾に含まれていると言えば、そんな気もしてくるが。

中国の新パスポート

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters