何かを待っている??

 
ロンドン五輪dの韓国選手のパフォーマンス。
なかなか処分結果が通知されません。

明らかに不自然です。

これ、きっと何かを待っていますね。
処分発表により、韓国が激怒して暴発するような何かを…。

選手には禁止している政治利用です。

その絶好の機会を狙っているように感じますが。

竹島選手は特別待遇? 処分を公表しないFIFAの不思議
産経新聞 12月2日(日)12時37分配信

竹島領有のプラカードを受け取る韓国選手

ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦後、竹島領有のプラカードを受け取る韓国選手(右)=8月10日(山田俊介撮影)(写真:産経新聞)


 モヤモヤしている。ロンドン五輪で竹島領有を主張するプラカードを掲げた韓国選手に対する、国際サッカー連盟(FIFA)の処分がいっこうに明らかにならないからだ。

 韓国の聯合ニュースなどによると、FIFAは11月20日に開いた規律委員会でこの問題を討議し、処分を決定。広報担当者は「日本と韓国のサッカー協会に通知し、近日中に発表する」と説明していた。

 ところが、いつまでたってもどんな処分が下ったのか、はっきりしない。声高に正当性を主張していた韓国メディアもなぜか、鳴りを潜めている。

 通常、規律委員会で処分が下った事案は、FIFAがメディアリリースを出したり、公式ホームページに掲載したりして内容を公表するもの。実際、同日の規律委員会では、10月のワールドカップ(W杯)欧州予選で主審に侮辱的なしぐさをしたスイス代表のヒッツフェルト監督に2試合のベンチ入り停止と罰金7千スイスフラン(約61万円)を科す処分も決まり、その日のうちに公式ホームページに掲載している。

 なぜ、韓国選手に対する処分だけ“特別待遇”なのか。処分決定までに時間を要した点も含め、FIFAは一体誰に気がねしているのだろう。韓国側が強硬な姿勢で公表を取りやめさせているとしたら、それこそおかしな話だ。FIFAの国際組織としての在り方、中立性自体まで問題となる。

 一方で、通知を受けた日本サッカー協会も率先して内容を明らかにし、不当な場合は速やかに異議を申し立てる必要がある。公表しない方が、事を荒立てずに済むと考えているとしたら、それも見当違いな気がする。うやむやのまま次の日韓戦を迎え、同じ事の繰り返しになるのではないか。“弱腰外交”では、つけ込まれるだけだ。(北川信行)



世の中にある様々な禁止事項。
表向きには、誰もが納得する理由が並べられますが。

でも往々にして、特定の人間や団体が、権益を独占するためにある。
その団体には、国も含まれます。

博打や暴力なんかは、その典型例でしょうね。

麻薬なんかもそう。
ベトナムとかアフガンとか、そこで米軍は何をやっていた(いる)??

五輪の場での政治活動の禁止。
それならば、そう謳っている胴元が一番怪しいと、まずは疑うべきかな。

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

しかし このサッカーの一件、予想以上の軽い処分でしたね・・・
韓国からなんらかの工作が行われたか、それとも・・・

Re: No title

?さん、こんばんは。

いやいや、発表されたのはFIFAの処分であって、IOCの結論はまだです。
IOCがオリンピックの主催者なので、こちらが重要です。
メダルの行方もIOCの判断で決まります。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1206&f=national_1206_009.shtml

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters