まず日本に来させろ

 
安倍次期首相と朴槿恵次期大統領。

2人とも立場は同じ。
国の新しい代表者だ。

それならば、まず韓国の特使を日本へ来させろ。
ものには順序があろう。
日本の方が、韓国よりも先に選挙をしたのだ。

何故、自分が行くことばかり考える?

政府主催の「竹島の日」式典が見送られる可能性高まる
FNN

安倍新政権の発足前に、外交で混乱が生じる事態となった。安倍総裁は、21日中に韓国へ特使を派遣すると明言していたが、急きょ、先送りになった
安倍カラーが徐々に見え始めた新政権誕生後の政策。
しかし、外交をめぐっては、早くも混乱が生じる事態となった。
安倍総裁は21日午前、「日韓関係を発展させていきたい、改善させていきたいという思いを込めて、額賀さんに韓国を訪問してもらおうと」と述べていた。
その特使には、日韓議員連盟の幹事長を務め、入閣も取りざたされている額賀元財務相が指名されていた。
李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸以来、日韓関係が悪化する中、来週発足する安倍政権。
安倍総裁は、朴槿恵(パク・クネ)次期大統領のもとに、特使を派遣して、親書を渡すことで、関係改善を目指す姿勢を鮮明にしていた。
安倍総裁は「私の親書を持っていっていただきたいと思っています(それはきょうの話?)そうですね」と、21日に額賀氏を派遣すると明言していたが、そのあと、この訪韓が来週以降にずれ込む結果となった
その理由について、関係者は「日程が合わないと行けないよ」、「アポが取れたとは聞いていない」と話した。
急すぎるスケジュール設定が先送りの原因だったのか。
日本の外交関係者は、この特使派遣の時期について、年明けの可能性もあるとしている。
安倍総裁は21日午後、「(韓国への特使派遣がなくなったという話もあるが?)それはまだこれから、打ち合わせをしてみないと。まあ、先方の日程もありますしね」と述べた。
そして、韓国をめぐってはさらに、もう1つ。
島根県が制定している、2月22日の竹島の日をめぐる問題
毎年、韓国で反日デモが発生するこの竹島の日。
これまでは、島根県が主催して、式典が行われていた。
安倍・自民党は、政権公約とは別につくられた政策集の中で、「2月22日に政府主催で竹島の日を祝う式典を開催する」と明記していた。
しかし、この3日後の2月25日は、朴槿恵氏の大統領就任式が開催される予定で、竹島の日の政府式典が行われた場合、韓国政府関係者の中には、安倍氏を就任式に招待するのが難しいのではとの見方を示す人もいた。
そして21日、この問題について、安倍総裁は「総合的、外向的な状況等々ふまえて、考えていきたいと思っています」と述べた。
また、自民党の石破幹事長は21日午前、「いつやるか、どのような状況でやるかは、いろいろな判断要素がある」と述べた。
2013年2月の政府主催の式典は、見送られる可能性が高まっている。
これに、朴次期大統領の外交ブレーンは、「事実であれば、安倍総裁が日韓関係のために、非常に努力をしていることになる」と、肯定的なコメントを残した。
一方、島根県の溝口知事は「政府として、(竹島の日を)制定して、式典なども、政府主催でやってほしいという要望は、かねてより行っていて。私どもは、(新政権の)検討(結果)をよく見ていきたい」と述べた。

(12/21 18:46)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters