竹島ものがたり

 
へぇ、こんなお饅頭があったのね!?
私も欲しいな。

日の丸(の爪楊枝)を刺して食べるのだとか。(笑)

でも、いつものごとく、韓国からクレームがあるのだそう。

竹島まんじゅう、問い合わせ急増

竹島ものがたり1

竹島ものがたり2
隠岐の島町などで限定販売されている「竹島ものがたり」


 島根県隠岐の島町の竹島(韓国名・独島)の形に似せたまんじゅう「竹島ものがたり」が注目を集めている。

 土産品として2006年に東京の業者が企画開発し、同町などで限定販売されてきたが、韓国の李明博(イミョンバク)大統領が竹島上陸した8月以降、「どこで買えるのか」といった問い合わせが業者に相次いでいる。日韓関係が冷え込む中、静かな人気だ。


 竹島ものがたりは、東京都の土産品菓子製造卸業「大藤」が企画開発。竹島を構成する東島と西島の形をしており、中にあんが入っている。まんじゅうには「竹島」の焼き印が押され、日本の国旗の飾りがついた楊枝(ようじ)をさすと、日本が領土権を主張しているように見えるのが特徴


 包装紙には「二月二十二日は竹島の日です!!」「竹島には日本古来の物語りがあります……」などのメッセージや、竹島での本籍を示す「島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地」の文字が記されている。


 隠岐の島町観光協会に隣接する売店や、隠岐空港、隠岐を結ぶフェリーが発着する境港(鳥取県境港市)の売店などで静かに販売されてきた。


 ところが、今年8月以降、大藤では、年間1、2件だった問い合わせが、月に3、4件に急増。「どこに行けば購入できるのか」などの声が相次いだ。また、同観光協会にも一時、取り寄せ方法の問い合わせが何件も寄せられ、珍しそうに買い求める観光客もいたという。


 同社は「たくさん売れる商品ではなかったが、竹島が話題になり、一気に注目を集めた。政治問題とは関係なく、竹島についての理解を深めてもらえれば」としている。竹島ものがたりは12個入りで840円(税込み)。問い合わせは隠岐の島町観光協会(08512・2・0787)へ。(佐藤祐理)

(2012年11月29日 読売新聞)



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters