高野山真言宗、6.8億損失か お布施など運用に失敗

 
坊主丸儲けといいますが、大損をしたようで。(笑)
神仏の罰が当たったように感じるけど。

そもそも、非課税の宗教法人が投資??
法の精神からも、外れているように思うけど。

末端の信者といっても、大半は葬式仏教の檀家。
積極的に信じているのではなく、単に慣習の延長として組み込まれているだけ。

葬儀以外でも、盆や法事のたびに、高額なお布施を要求される。
それが上納システムによって、各宗派の総本山へ吸い取られていく。
ところが総本山では、いい加減なことをしているようで。

さっさと法律を変えて、宗教法人にも課税するべきですな。

まぁ、仏教の場合は宗教対立がほとんど生まれず、テロや戦争にまでは発展しないところだけは救いですが。


高野山真言宗、6.8億損失か お布施など運用に失敗
2013年2月27日7時27分 朝日新聞


 【渡辺周、上田真由美、山野拓郎】空海(弘法大師)が開創して約1200年の伝統を持つ宗教法人の高野山真言宗(総本山・金剛峯寺〈こんごうぶじ〉、和歌山県高野町)が、資金運用に失敗して少なくとも6億8千万円の損失を出していたことが、関係者の話でわかった。約3700の末寺から集めた檀(だん)信徒からのお布施も含まれている

 26日に始まった宗派の議会にあたる宗会には、宗会議員を務める僧侶35人が参加。庄野光昭宗務総長は、多額の損失を出したことについて「運用が思いにまかせず推移している。無念で慚愧(ざんき)に堪えない」と説明した。

 宗会は年2回、全国から宗会議員が集まり人事や予算などを決める。庄野総長は内閣の役割を果たす「内局」トップだ。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

宗教とマネー

海外葬儀事情は知りませんが、日本の場合、葬儀をするにも、戒名をつけて貰うにも、卒塔婆の数にも、相当な金額がかかりますね。
半強制的のようなもので。

葬儀の度に、遺族が、蔭でヒーコラいっている話しは、よく耳にします。


Re: 宗教とマネー

星の王子さん

田舎は大変ですよ。
お寺から、しょっちゅう請求書が届きます。
まぁ相場としては、都会よりは安いとは思いますが。

ボウズ、ズに乗るなかれ。
涅槃(ねはん)に、行けぬゾ。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters