- モデルを変えれば、原子の謎はすべて解ける - 質量・万有引力から反重力まで

 
私の一連の考えを、体系化してまとめ直した内容です。
詳細は下記にて  
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-2194.html

目から鱗が落ちること、間違いなし!!


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

竜巻モデル拝見しました。1割ぐらいしか理解できていませんが、実に興味をそそられ、また感銘しました。質量と万有引力の原因は、電子と陽子が対になった竜巻によるものということでしょうか。そうだとすれば、質量と万有引力は電磁気現象に包含されるものということになるのでしょうか。そうすると、次には電子や陽子、つまり正負の電荷とは一体何だろうという展開になるのでしょうか。特に今の素粒子理論では、電子は大きさがゼロなのに質量があるとされていますが、もしそうなら小さなブラックホールではないかと日頃から思っています。それでは、今後も楽しみに読ませて頂きます。

こんにちは

はじめまして
フサキ隣太郎と申します。
ブログを初めてまだ一ヶ月足らずの
初心者ですが色々と研究しながら
頑張っております。
非常に参考になるブログです.

ゆっくり読まさせてもらいます。
またお邪魔させてもらいます。

Re: こんにちは

フサキ隣太郎さん、

いつでもどうぞ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 福一、放射能濃縮汚染水の除染

○○さん、

文面からだけではよく分かりませんが、御社の方法は、化学的な処理法でしょうか?
吸着、沈殿等、化学的な方法だったら、実験結果をもとに粘り強く訴えれば、採用される可能性はあります。

元素転換を提案した場合は、よっぽど打つ手がなくなった時でないと、まず採用されることはないでしょう。
元素転換の延長線上には、錬金術があります。
これは湯田屋人の力の源泉を脅かします。
また、元素転換はありえないことになっているので、その教育を受けた学者や専門家はこぞって否定反対するでしょう。
 

No title

こんにちは。いつも楽しみにしています。
既出でしたらすいません。最近面白い動画を見つけました。
「劣化ウラン弾は常温核融合の技術が使われている」との事。
https://www.youtube.com/watch?v=EtdM8xIR9JI
重水を電気分解して、2重水素を陰極の99.99%パラジウムに吸収させて、
重水素とパラジウムが1:1になると核融合が始まるというのが、
これまで言われてる常温核融合の現象だそうです。
その際、パラジウムの一部が、ニッケルに元素変換してるそうです。
つまりパラジウムがニッケルに核分裂するそうで、その効果をウランに利用して、
火薬による爆縮なしに核分裂を起こす核爆弾が、劣化ウラン弾と
呼ばれているものだそうです。(ウランは水素を吸収するそうです)
とても興味深く、面白い動画でした。

大変興味深い内容です。

はじめまして、およよさん。
新しい原子モデルの提案、まだ良く理解したわけではないのですが、とてもおも
しろいモデルだと感じています。陽子・電子にもスピン現象があるということは
陽子・電子それ自体何らかの構造を持つということを示しています。一番簡単な
構造は2粒子の引力を伴う等速度回転構造体だと思います。およよさんの原子
モデルはそれを陽子・電子の原子構造にまで広げたものであり、シンプルで
とても良くできていると思います。重力と質量がなぜ発生するかの部分の内容
はまだ良く理解していません。質量が単純にジャイロ効果から生じているかは
もう少し検討の余地があると思います。私自身は質量と重力は質量の周りに
生じる見かけの時間の遅れから発生していると考えています。見かけの時間の
遅れにジャイロ効果が何らかの影響を与えているのかもしれません。もし可能で
あればメール等で意見の交換ができたら幸いです。

Re: 大変興味深い内容です。

サクランさん、こんにちは。

ブロ友になれば、FC2専用のSNSが使えます。
当事者間でのみ使えます。
申請があれば歓迎しますよ。

ケルヴランが見出した四つ規則図

あの生体核変換で有名なケルブランの核反応の経路図です。
その他にも興味深い情報が多いですので何かに役立ててもらえればうれしいです。
もし既にご存知でしたらすいません

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters