韓国、非常事態時の避難ハンドブックを小中学校に配布へ

 
なんか最近、【ご隠居さん】と同様に、【こりあうぉっちんぐ】になっていますが。(笑)


北朝鮮の暴発の可能性。
どうやら今回は、いつもとは違う気配を肌で感じているようです。

5月になると、今のままでは、米国の財政の壁の問題が、現実化してきます。
これにより、人件費の支払いや物資の補給ができなくなり、米軍が機能不全に陥ります。

つまり、韓国の後ろ盾がいなくなる…。
もし狙うとしたら、このときでしょうかね?

韓国、非常事態時の避難ハンドブックを小中学校に配布へ 朝鮮半島緊張受け―中国報道
XINHUA.JP 3月14日(木)11時43分配信


【新華社】 朝鮮半島情勢の緊張化を受け、韓国教育科学技術部は小中学校に対し、非常事態時に生徒を安全に非難させるためのハンドブックを配布する。韓国政府が13日明らかにした。

同部関係者は韓国聯合ニュースの取材に対し、「ハンドブックは近く作成される。国内のすべての小中学校に向けて発行するもので、砲撃や空襲など非常事態が起きた際の非難方法を詳しく列挙している」と語った。

韓国の学校にはすでに「一般的な」緊急避難指導ハンドブックが配布されているが、政府が軍事行動を想定したハンドブックを作成するのはこれが初めて。「軍事攻撃を含む直接・間接的な脅威に対する生徒らの対処方法を詳しく列挙している」(同関係者)。

ハンドブックの作成に携わった政府関係者によると、韓国政府は以前からこうしたハンドブックの作成を考慮していた。その目的は「特に朝鮮半島情勢の緊張が高まっている状況下に我々の子供たちを守り、落ち着かせることにある」。

ハンドブックによれば、学校の建物が揺れたり、窓ガラスが割れたり、爆発や警報があった際、学校は生徒の避難を誘導する。生徒らを安全な場所に避難させた後、学校は当局に被害状況を報告し、応急処置を行うとともに、飲料水と食糧の供給を確保し、長期避難施設を準備しなければならない。軍事行動が終息した後は、生徒を無事に家に送り届けるなどの後続措置を講じ、一時閉校による校舎の修復なども考慮する。

北朝鮮が前月に3回目の核実験を実施して以来、朝鮮半島情勢は緊張が高まっている。韓米両国が今月に始動する2回の軍事演習に北朝鮮政府は強硬な態度で応じ、「全面戦争への備え」ができ、韓国と米国を対象とする軍事的打撃を行うと宣言している。

(翻訳 金慧/編集翻訳 伊藤亜美)



平和ボケした日本では、あまり意識されませんが。
この本をおいておくと、いざというとき役に立ちます。

永世中立国であるスイスが、国民に配った本です。

民間防衛 (アマゾンへ飛びます)
民間防衛

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

マスゴミも嘘をつくしーー

平和ボケし切った日本国民、もーどうしようもない気もしています。
ほとんどの人が有名ブログさえ知らず、ネットを何に使ってるの?、とゆー感じで…。語弊がありますが、日本も新聞TVしか見ない世代が新陳代謝で交替しなければ、新しい未來は来ないのでは?とゆー気がします。

記事内容とはかなりずれますが、↓は地方TV局だから放送できたのだろうとゆー、愛知放送(多分)での、堤美香さんと三橋貴明さんの貴重なコメント番組です。
UPしては削減されている動画のようで、また消される可能性があります。TPP の危険性についても述べられており、参考になります。

「堤美香『政府は必ず嘘をつく』」
http://www.youtube.com/watch?v=90oikVp8mKk&feature=youtube_gdata_player





Re: マスゴミも嘘をつくしーー

星の王子・雨も好きさん

やっぱりブログですね。
それと掲示板。

工作活動が多いのも事実だけど、珠玉の真実が得られるものがある。
既存のマスゴミの延長線ならば、読んでも無駄ですね。
スポンサーに言いように操られてる。

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters