中国では豚の飼育時にエサの中にヒ素を混ぜる そうすると豚の毛がフサフサになって艶が出て、高く売れる

 
中国では、豚の飼料にヒ素を入れるのだとか。

そうすれば、毛艶が良くなって、高く売れる。
でも、早々に出荷しないと、豚は死んでしまう。

この前の大量死事件。
出荷の計画が狂ったのが、原因なのだとか。
処分に困り、投棄された。

ヒ素入りの豚肉を食べているんですね。(およよ)



http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-8311.html
中国では豚の飼育時にエサの中にヒ素を混ぜる そうすると豚の毛がフサフサになって艶が出て、高く売れる


(13:00頃~)


330: Trader@Live! 2013/04/10(水) 11:12:02.74 ID:J50RFiCk
USDKRW ↑1139.00 -0.20 (-0.02%) @stooq

↓のシンポジウムで豚の死骸が川に捨てられていた件で、衝撃的な話が鳴霞さんに
よって明らかにされた
。背筋が寒くなるな。

中国では豚の飼育時にエサの中にヒ素を混ぜる
・そうすると豚の毛がフサフサになって艶が出て、高く売れる
・但し、ヒ素をエサに混ぜてから4ヶ月以内に殺して売らないと、内臓がやられて腐っていく
・去年の年末に周近平 の命令で、国のお金で共産党の幹部が正月に飲み食いすることが
 禁止になった。それによって、年末年始の需要が大きく減った
・しかし、豚の飼育農家は例年通りを見込んでエサにヒ素を混ぜている。売れなかった豚は
 次々に死んでいく
・飼育農家は死亡した豚を埋める所を持っているが、そこが満杯になり埋める所がなくなって
 川に捨てられた
・中国の報道では1万6千匹が川に捨てられたと報道されたが、実際は7万匹です

【シノフォビア】『地球の癌』中国の急所を衝く[桜H25/4/9]
http://www.youtube.com/watch?v=cst7NpTE-6s



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

現在の閲覧者数: free counters